戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

12月10日からドバイで開催される「アジアユースパラ競技大会」に出場する 山本 拓海さん 戸塚高校 3年

「負けん気の強さ」で世界へ

 ○…10日から4日間にわたりドバイで開催される「アジアユースパラ競技大会」の陸上部門で、県内唯一の高校生として出場する。種目は車椅子100m走。期間中は世界から集結するライバルたちと順位を競う。「いずれかのメダルは獲得したい。全力で頑張ります」。きっぱりと言い放つ姿が頼もしい。

 ○…先天性の足が不自由な障害がある中で、本格的に陸上を始めたのは小学2年の頃。「体を動かさないと」という母の勧めでスポーツ教室に入ったのがきっかけ。「そこで初めて車椅子での短距離走を体験した。最初は転倒も多く苦労した」が、家族やコーチの支えもあり、日々研さんを重ねていく中で着実に実力をつけていった。やがて大会にも参加するようになり、数々のレースを経験。14歳の頃には”大会荒らし”と言われる選手と接戦を繰り広げるまでに。今年7月に出場したアジアパラの予選では「ギリギリで出場権をつかんだ」と振り返り、「思うようにタイムが伸びなくて悔しかった。もっとこぐ腕力をつけて、記録を更新したい」とあくなき向上心を見せる。

 ○…陸上に明け暮れる傍ら、高校生活も充実しており、憩いのひとときは友達との雑談だという。校舎はバリアフリー設備になっていることから「自分はもちろん家族も安心できるみたい」と頬を緩める。今回の大会も周囲から熱いエールを受ける一方で、「母からは”初めての海外だけど大丈夫?”と心配された」と笑い交じりに話し、「だからこそ良い結果を持って帰りたい」と力を込める。

 ○…長い間、通常の車椅子で大会に臨んでいたが、昨年から3車輪の競技用車椅子を使うように。正座で乗るため、足の痺れに悩まされることも多い。「でも、格好良い車椅子を乗りこなして結果につなげたいのでやり抜く」と持ち前の負けん気を見せる。夢は2024年のパラリンピック出場。「まずはドバイで満足のいく成果を出します」

戸塚区版の人物風土記最新6件

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

尾上 陽子さん

設立20周年を迎える、戸塚区を拠点とする「NPO法人こどもの広場もみの木」で園長を務める

尾上 陽子さん

2月1日号

山本 千香さん

東日本大震災の被災地支援を続けている「ウクレレサポート協会」の代表を務める

山本 千香さん

1月25日号

石川 秋子さん

こども食堂に寄付するためのチャリティコンサートを30日に初開催する

石川 秋子さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

H30年度第1期教室参加者募集

初めてのフットサルなど新規教室を含めた全56教室を開催

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「健康まつり」

恒例の「健康まつり」

2月22日 戸塚町の施設で

2月22日~2月22日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク