戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

12月10日からドバイで開催される「アジアユースパラ競技大会」に出場する 山本 拓海さん 戸塚高校 3年

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena

「負けん気の強さ」で世界へ

 ○…10日から4日間にわたりドバイで開催される「アジアユースパラ競技大会」の陸上部門で、県内唯一の高校生として出場する。種目は車椅子100m走。期間中は世界から集結するライバルたちと順位を競う。「いずれかのメダルは獲得したい。全力で頑張ります」。きっぱりと言い放つ姿が頼もしい。

 ○…先天性の足が不自由な障害がある中で、本格的に陸上を始めたのは小学2年の頃。「体を動かさないと」という母の勧めでスポーツ教室に入ったのがきっかけ。「そこで初めて車椅子での短距離走を体験した。最初は転倒も多く苦労した」が、家族やコーチの支えもあり、日々研さんを重ねていく中で着実に実力をつけていった。やがて大会にも参加するようになり、数々のレースを経験。14歳の頃には”大会荒らし”と言われる選手と接戦を繰り広げるまでに。今年7月に出場したアジアパラの予選では「ギリギリで出場権をつかんだ」と振り返り、「思うようにタイムが伸びなくて悔しかった。もっとこぐ腕力をつけて、記録を更新したい」とあくなき向上心を見せる。

 ○…陸上に明け暮れる傍ら、高校生活も充実しており、憩いのひとときは友達との雑談だという。校舎はバリアフリー設備になっていることから「自分はもちろん家族も安心できるみたい」と頬を緩める。今回の大会も周囲から熱いエールを受ける一方で、「母からは”初めての海外だけど大丈夫?”と心配された」と笑い交じりに話し、「だからこそ良い結果を持って帰りたい」と力を込める。

 ○…長い間、通常の車椅子で大会に臨んでいたが、昨年から3車輪の競技用車椅子を使うように。正座で乗るため、足の痺れに悩まされることも多い。「でも、格好良い車椅子を乗りこなして結果につなげたいのでやり抜く」と持ち前の負けん気を見せる。夢は2024年のパラリンピック出場。「まずはドバイで満足のいく成果を出します」

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

宇田川 真乃さん

4月から「エフエム戸塚」でセーリングや海の魅力を伝える

宇田川 真乃さん

港南区在住 23歳

5月12日号

大森 洋太郎さん

大型の切り絵や水彩画、ペン画など芸術性の高い作品を生み出し続ける

大森 洋太郎さん

矢部町在住 78歳

5月5日号

中村 美恵子さん

今年20周年を迎えた「みんなの手話ダンスフラワー東戸塚」の代表を務める

中村 美恵子さん

品濃町在住

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

向山 康三さん

さくらプラザで年1回、写真展を開催するヨコハマセブンフォトの会長を務める

向山 康三さん

港南区在住 70歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook