戸塚区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

区内病院・歯科医 救急医療の功労に評価 神奈川県が表彰

社会

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena
戸塚共立第2病院の饗場院長(右)と木村事務長
戸塚共立第2病院の饗場院長(右)と木村事務長

 県における救急医療の発展に努め、特に功労のあった個人と団体を表彰する「2018年度神奈川県救急医療功労者表彰」の受賞者が決まり、(医)横浜柏堤会戸塚共立第2病院(吉田町)と、八巻歯科医院(下倉田町)の山口里恵院長が選ばれた。

 この表彰は県の救急医療の発展や、重要性の周知などを目的として毎年行われている。今年度は県内から2病院、7個人が受賞した。

「率先して動く」意識

 戸塚共立第2病院は、長年にわたり救急車の受け入れや、地域の二次救急医療(入院が必要なケガや病気を対象とした救急医療)に貢献したことが選定理由となった。

 年間で2000件ほどの救急対応があるという同院。饗場(あいば)正宏院長は「常に救急が来るかもしれないという意識で率先して動こうという思いが、スタッフ皆にある」と話す。

 現在懸念しているのは、高齢化に伴い今後救急患者が増加すること。「ますますニーズが増えると思うが、近隣地区も含めた地域医療に貢献するという意識の中で、救急患者を積極的に受け入れていきたい」と話す。

被災地でも活動

 山口院長は2007年の院長就任以来、歯科の初期救急医療に積極的に関わってきたほか、戸塚歯科医師会の役員など務め救急医療体制の整備に貢献した点が評価された。

 県歯科医師会では災害対策・警察歯科委員会の委員長を務める山口院長。11年の東日本大震災の際は、開業医として女性では国内で初めて被災地に赴き遺体の身元確認を行う仕事をしてきた。そんな院長を支えるのは同院のスタッフ陣。山口院長は「患者の待合室での様子や歩き方などにまで気を配ってくれる。皆責任をもって働いている」という。今後も口腔は体全体の健康状態につながるという考えのもと「患者さんのため地道に取り組んでいく」と話す。
 

八巻歯科医院の山口院長
八巻歯科医院の山口院長

戸塚区版のトップニュース最新6

コロナ対策で一役

区内酪農業者

コロナ対策で一役 社会

タクシー会社に除菌水

5月28日号

緑守る活動に大臣表彰

上矢部町市民団体

緑守る活動に大臣表彰 社会

20年以上の取り組み評価

5月28日号

除菌水生成器を導入

区内商店会

除菌水生成器を導入 社会

補助金活用し、衛生対策

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

独自の抗ウイルス剤提供

戸塚町ベンチャー企業

独自の抗ウイルス剤提供 経済

特許「ナノポリマー」活用

5月14日号

戸塚図書館が文科大臣賞

戸塚図書館が文科大臣賞 文化

子どもの読書推進に尽力

5月14日号

総合内科を開設

困ったらまず最初に受診すべき診療科として、 「総合内科」を開設しました。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 男のおしゃれ学

    第232回

    男のおしゃれ学

    「いい女といい男」パリ本部FIMT国際デザイナー中嶌 敏男

    5月21日号

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク