戸塚区版 掲載号:2018年10月11日号 エリアトップへ

全日本空手道選手権大会(壮年男子無差別の部)で準優勝した 加藤 一博さん 戸塚町勤務 49歳

掲載号:2018年10月11日号

  • LINE
  • hatena

空手一筋、優勝あるのみ

 ○…(一社)国際空手道連盟極真会館が主催する『全日本空手道選手権大会』が9月、駒沢オリンピック公園で行われ、壮年男子無差別の部で準優勝を遂げた。昨年に続き2回目の準優勝、対戦相手も同じとあって悔しさ募る試合。気力負け、延長戦での体力不足と試合を振り返りながら敗因を述べ、最後に出た­言葉は「勝ちたかった」。

 ○…東戸塚と戸塚で極真カラテの道場を開き、代表を務める。東戸塚の道場は今年で10年、戸塚は3年を迎える。これまで約700人に稽古をつけてきた。「勝利のチャンスは努力にあり。子どもたちには楽しく努力ができるように指導を心掛けている」と話す。また成果主義には疑問を呈し、今できないことも時間をかければ必ずできるようになるのが武道の醍醐味の一つ、といい現在、道場には70歳から3歳までの生徒が通う。

 ○…高校時代にオートバイに興味をもち、プロのレーサーを目指していたが、車との接触事故で車の下に挟まったまま、うつ伏せで1Km以上引きずられ二度とオートバイに乗ることはなくなった。九死に一生を得た事故は体の前面を火傷し、アスファルトでヘルメットが削れ、危うく頭まで削られる寸前。「事故直後に腸が動きを止めるほどのストレスを受けた。警察も事故現場から1Km離れてからの通報に状況を信じてくれなくて困った」と笑い話のように語る。

 ○…本格的に空手に取り組んだのは26歳。「仕事が終わってからの趣味くらい」の気持ちで始めたが、気づけば港北区の自宅から南区の道場まで、せっせと通う日々。ついには高校卒業から10年間務めた会社を辞め、空手の世界に身を置き道場を開くまでに。「空手一筋」を突き通し、来年こそは「絶対に勝ちますよ」と拳を突き上げた。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク