戸塚区版 掲載号:2018年10月18日号
  • LINE
  • hatena

有隣堂代表松信裕氏 「個性ある店づくりが必須」 県書店商業組合の理事長に

社会

抱負を述べる松信理事長
抱負を述べる松信理事長

 品濃町に営業本部ビルを置く(株)有隣堂の松信裕代表取締役会長兼社長(74)がこのほど、県書店商業組合の理事長に就任した。「書店はより個性を出していくことが必要。それをリードしていきたい」と抱負を述べる。

◇  ◇  ◇

 県書店商業組合は県内の約170店舗が加盟。書店どうしの連携を通した業界振興などを目的に活動している。松信氏の理事長就任は今夏行われた総会で決定した。

 書籍の販売額は1996年をピークに減少の一途をたどっており、歩調を合わせるように書店もその姿を消している。松信理事長は「必ずしも活字離れは起こっていない。インターネットの文章は多く読まれている」との認識を示しつつ、情報がわかりやすくまとめられたサイトを読みすぎるのは「危険」と指摘。「本当に人の血肉になるのはやはり読書」と話す。

 だからこそ、書店を無くしてはいけないという思いは強い。今後書店に必須となるのが「個性ある店舗づくり」だ。「どの本屋に行っても同じような書籍が並ぶ状況を変えていくことが必要」とする。

 その理由として「書店を取り巻くシステムに課題がある」という。

 一般的に書店は、仕入れた書籍が売れ残った場合、出版社に返品できるシステム(委託販売)をとっており在庫のリスクがないというメリットがある。その一方で、出版元から定期的に届けられる書籍を「ただ店頭に並べるだけ」という状況が生まれやすいと説明する。

生き残りに挑戦を「本の販売続けるため」

 本が売れるかどうかは「出してみないとわからない部分がある」と松信理事長。そのため予想は難しいが、書店を取りまく厳しい状況を踏まえると、在庫リスクを負ったうえでも自ら本を選んでいくことが求められるとする。「店舗の地域性を考え、工夫を凝らしてほしい。当社で実践しリードしていくことも私の仕事だと思う」と語る。

多角経営に踏み切る

 松信理事長は1999年に有隣堂の社長に就任。当時多額の負債があったことから、多角経営に舵を切った。

 事務用品通販の代理店事業を始めた際は批判もあったが、今では経営の土台となる売り上げ幅となっている。カルチャーセンターの展開のほか、今春には都内に「ヒビヤセントラルマーケット」という複合施設をオープン。書店はもちろんアパレルや飲食、理容店まで多様な店が並ぶ空間づくりを行っている。

 書籍の売り上げの比率は今後も下がるかもしれないが「本だけはやめるつもりはない」という。「本を売ることは世のため人のため、という考えはどの書店も持っていること。生き残り方にこれという答えはないが、挑戦を続けながら模索したい」と話す。

ヒビヤセントラルマーケット内の店舗。書店とアパレルが融合したようなつくりとなっている
ヒビヤセントラルマーケット内の店舗。書店とアパレルが融合したようなつくりとなっている

地元横浜で80年。

墓石の販売・お墓のリフォームなら石半

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

戸塚の魅力スポット発見

区内災害時トイレ状況は?

戸塚区長に吉泉氏が就任

鈴木・松田両氏がトップ当選

戸塚区市議選・県議選

鈴木・松田両氏がトップ当選

4月11日号

「発展に向け、躍動する年に」

「三行詩」で絆深める

前田町小林さん家族

「三行詩」で絆深める

4月4日号

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月28日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク