戸塚区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

上矢部町在住鎌学・児玉さん 県高校駅伝 初Ⅴに貢献 別大会では新記録も樹立

スポーツ

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
競技会で力走を見せる児玉さん(中央)
競技会で力走を見せる児玉さん(中央)

 71回目を数える県高等学校駅伝競走大会が11月4日、山北町丹沢湖周回コースで開催され、上矢部町在住の児玉真輝さんをメンバーとする鎌倉学園が初優勝を飾った。

「歴史変える」合言葉に

 鎌倉学園はこれまで県大会で準優勝13回。全国大会の舞台である「都大路」に、あと一歩のところで届かず涙を飲んできた。試合前、保田進監督はメンバーに「序盤から積極的にペースを上げて走り切ろう」と言葉をかけ、13人の部員たちは「自分たちが歴史を変える」とレースに臨んだ。

 出場した7人のうち、1、2年生が6人を占める同チーム。1区を任された2年の児玉さんは「スタートの直前は自分が良い流れをつくらなくてはと、今年一番緊張した」と振り返る。

 号砲が鳴ると監督の言葉通りの積極的な走りを見せる。「5Km過ぎから疲れで体がきつかったが、仲間たちの声援が力になり、失速せずに走り切れた」と、2位に49秒の差を付け、たすきをつないだ。2〜6区も安定した走りでトップを譲らず、最終7区のアンカーで副主将の吉村颯斗さん(3年)が、2位・藤沢翔陵に49秒差を付けゴール。7区間2時間9分49秒の見事な走りを見せた。

自宅で「箱根」見て育つ

 児玉さんは、県高校駅伝の2週間前、10月21日に横浜市内で行われた「日本体育大学長距離競技会」男子5000mで14分3秒21をマーク、県高校新記録を樹立している。2007年12月に矢澤曜さん(多摩高校―早稲田大学―日清食品)が出して以来、11年間破られなかった記録を4秒以上も上回っている。「この夏から、特に最後の1Kmでスピードアップできるよう練習に励んできた」と話す児玉さん。「練習でも出たことがないタイム」での記録更新に「自分でも驚いたけれど、嬉しかった」と目を細める。

 児玉さんが陸上を始めたのは領家中学(泉区)1年の時。当初は足腰の強さや跳躍力を生かし、走り幅跳びの選手として練習に打ち込んでいた。しかし思うように成績が伸びず、顧問の薦めで中学3年の夏に長距離走に転向。するとすぐに県大会(1500m)で2位を獲る活躍を見せ、周囲を驚かせた。持久力だけでなく戦略的なペース配分も求められる長距離走に魅力を感じ、陸上の強豪校・鎌倉学園へ。現在、週6日の練習に励む。

 「上矢部町の自宅からは箱根駅伝のエース区間・2区のコースが見える。小さいころから毎年選手たちの力走を直接見て『カッコいいな。いつか自分も出てみたい』と思っていた」という。今後については「大学でも陸上を続け、箱根駅伝で活躍したい。道を走っているのを見かけたら温かい目で見守ってほしい。応援お願いします」と笑顔だ。

 保田監督は「顧問に就任して40年目だが、県記録を更新した選手は初めて」と喜びを語った。

 鎌倉学園は11月18日に埼玉県での関東大会に出場した後、12月23日、京都市内で行われる全国大会に挑む。

戸塚区版のトップニュース最新6

「遠的(えんてき)の県大会」で三冠

戸塚弓友会

「遠的(えんてき)の県大会」で三冠 スポーツ

団体・男子・女子を制覇

9月23日号

国際平和スピーチで入賞

小雀小6年小林仁夏さん

国際平和スピーチで入賞 教育

「命の大切さ」テーマに発表

9月23日号

コロナ独自策が効果

戸塚区

コロナ独自策が効果 社会

臨時職員が保健師を補助

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

外務大臣賞を受賞

上倉田町早瀬さん

外務大臣賞を受賞 文化

日独の相互理解に貢献

9月9日号

LINEでデートDV相談

男女共同参画センター横浜

LINEでデートDV相談 社会

10代・20代向け 10月試行

9月9日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook