戸塚区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

先月行われた全日本スカッシュ選手権大会マスターズ男子over60で優勝した 坂本 聖二さん 名瀬町在住 72歳

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena

「神様」の異名、永久不滅

 ○…四方を壁で囲まれたコートに対戦相手と横並びに立ち、ラケットで小さなボールを交互に打ち合う「スカッシュ」。球を確実に拾い上げる動体視力と高い持久力が求められるスポーツだ。46年前に初開催された(公社)日本スカッシュ協会主催の大会では初代チャンピオンを飾り、9連覇という偉業を成し遂げた。そして今大会、60歳以上の部で優勝。「靭帯損傷のまま挑んだが“負けられない”一心で勝った」。王者のプライドが感じられる。

 ○…もともとは国体準優勝経験をもつ、日本屈指のバトミントン選手。膝のけがで療養していた23歳の頃、転機が訪れる。「偶然外国のスカッシュ選手が来日していて、リハビリがてら対戦したらボロ負けした」。初めて味わった悔しさに身を震わせ、同時に、容易に相手を崩せない奥深さに魅了された。「これを極めよう」。転向し「血反吐を吐くような」トレーニングを重ね、強靭な肉体と精神を築いた。努力が実り、瞬く間に“日本一”へ。最盛期は世界のべ130カ国を遠征し、無数のタイトルを獲得。「スカッシュの神様」の異名をものにした。

 ○…一流選手のもうひとつの顔は「営業のプロ」。会社員時代はトヨタ自動車のディーラーとして活躍した。「仕事でもトップでいたい」と、販売台数を伸ばすために試行錯誤。遠征中は顧客に手紙をしたため、試合の状況を伝えたことも。こうしたマメな性格も相まって、「退職まで2345台も売り上げたよ」と誇らしげ。

 ○…スカッシュのさらなる普及と後進の育成に注力する日々。一方で最近、膝を人工関節に変える手術を行った。「まだ痛みは残っているけどへっちゃら」と、今も過酷な練習をこなし、体力は衰えるばかりか増していく一方だ。「生涯現役でいたいから」。そう言い、「神」は今日もコートに向かう。
 

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

2月20日号

東郷 なりささん

桜並木をテーマにした絵本「さくらがさくと」を上梓した

東郷 なりささん

平戸町在住 32歳

2月13日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月6日号

佐々木 太一さん

全日本マスターズレスリング選手権大会フレッシュマンズ30〜45歳の部・100kg級で優勝した

佐々木 太一さん

秋葉中学校教諭 29歳

1月30日号

カチョ カルドーソさん

横浜スペイン語センターで語学講師を務め、ギタリストとして活躍する

カチョ カルドーソさん

上倉田町在勤 54歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク