戸塚区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

上矢部町横浜文明堂工場 カステラ製造し、半世紀 南蛮渡来の味を提供

文化

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
併設される直売店の前に立つ販売員
併設される直売店の前に立つ販売員

 上矢部町にある横浜文明堂工場が開設50周年を迎えた。誰もが一度は口にしたことがあろう、南蛮渡来の味・カステラを半世紀にわたり区内から各地に送り出してきた。併設する直売店には長年にわたり足しげく通う常連も数多くおり、今なお衰えぬ人気振りを示している。

 「♪カステラ一番、電話は2番、3時のおやつは文明堂♪」

 このフレーズを持つテレビコマーシャルで知名度を上げた文明堂の歴史は古い。1900年(明治33年)に創業者の中川安五郎が長崎県で設立。大正期に東京に進出し、横浜には33年(昭和8年)に伊勢佐木町に出店したのが始まりだ。戦争による空襲で甚大な被害を受けたものの、戦後の経済復興の波に乗り、茶の間の定番菓子として定着。テレビCMも打つなどしながら事業を拡大してきた。69年(昭和44年)に上矢部町に工場を開設した。

 同社の生井俊一次長は「都心へのアクセスの良さ、工業団地が60年代に造成され、この戸塚区に設置したと聞いている」と話している。

 当初は主力商品のカステラを製造していたが、静岡県に新たな工場を設置したことなどを契機に、横浜工場では主にどら焼きの「三笠山」、「かすてら巻」、「饅頭」などを中心とするように。一日の製造個数は三笠山は5千個、かすてら巻は1万個で、神奈川、静岡、愛知、三重、岐阜各県に出品されているという。例外的に同社で高級カステラと位置付けられているザラメ糖が特徴的な「極上金かすてら(Z)」だけは横浜工場で製造されている。

直売店も好評

 約20年前からは工場に直売店も併設。特に人気なのがカステラの両端を切り落とした商品で、開店後のわずかな時間で売り切れることも多いという。生井次長は「当社の製品は長崎カステラの特徴である、しっとりとしてきめ細やかさを継承していると自負している。今後も戸塚区のこの工場から顧客に満足感を与えられる商品を作り続けていきたい」と話し、直売店で働く店員の一人は「これからも地元の方に愛される店づくりを進める」と笑顔で語った。

横浜工場で製造される極上金かすてら(Z)
横浜工場で製造される極上金かすてら(Z)

11月に待望の2号店オープン!

「筋肉」を確実にとらえる施術で、個々の体の痛み・痺れ・違和感を改善へ――。

https://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月14日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

夢実現させた思い語る

ミステリー作家 倉井さん

夢実現させた思い語る 文化

9日 区庁舎で講演会

11月7日号

食品ロス削減に一手

戸塚 モディ

食品ロス削減に一手 経済

家庭の未使用品集め寄贈

11月7日号

木原ゆり子氏が横浜文化賞

市立大舞岡木原記念室

木原ゆり子氏が横浜文化賞 文化

父・均氏の研究功績伝える

10月31日号

マンションセミナー&無料相談会

9月29日㈰、かながわ県民センターで開催

http://bunjyounpo.or.jp/

コピー5円~プリント&コピー館

オリジナルネーム印&スタンプは当店にお任せ下さい!

http://prcp.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日本大通りで食フェス

SDGsテーマに

日本大通りで食フェス

11月23日~11月24日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク