戸塚区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

川上小「特別合唱クラブ」 全日本コンクールで「金」 鍛えた表現力届ける

文化

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
表彰状や楯を持ち笑顔の児童ら
表彰状や楯を持ち笑顔の児童ら

 川上小学校の4〜6年生有志による「特別合唱クラブ」が、11月3日に都内で行われた「第1回全日本小学校合唱コンクール全国大会」で金賞を受賞した。夏休みに鍛えてきた表現力を生かした歌声を会場に響かせた。

 この大会は全日本合唱連盟等が主催。これまで中高生や一般を対象として72回の歴史を重ねており、小学生部門は初開催となる。各県で行われた予選を突破した計39校が、新宿文化センターを舞台に歌声を響かせた。

 2000人程度を収容できるという大きな会場に到着した児童ら。はじめは他校の歌声に圧倒された様子だったが、顧問の神山恭教諭が「これまで鍛えてきた正しい発声をすれば大丈夫」と背中を押すと、笑顔で舞台に上っていったという。

 課題曲の「烏かねもん勘三郎」は広島地方のわらべうたをもとにした楽曲。4つのパートによる最後のハーモニーを見せ場として丁寧に歌った。自由曲「いまの『いま』」は、空をはばたく大鷲が主人公。その心情を表現するようにと、表情や声のトーンを変化させながら歌い切った。

 そして掴んだ金賞。部長の藤原栞菜(かんな)さん(6年)と副部長の石川美釉(みゆう)さん(同)は「練習の成果を発揮でき、受賞の瞬間は嬉しさがこみあげてきた」と声を揃えた。

4年前の先輩目標に

 県立音楽堂で8月に行われた県予選。無事突破したものの、声量の少なさが課題として残ったという。そこで夏休み中は毎日午前中に集まり、腹筋や肺活量を鍛えるための運動などを含めた発声練習を実施。また歌詞の意味について意見を出し合いながら、歌の表現方法を改善していった。

 児童らが目標としたのが、2015年度「こども音楽コンクール」で同校初の全国最高賞を受賞した時の先輩だ。「当時は2年生で、あこがれていた」と石川さん。藤原さんは「声量があって、意見交換も積極的だったと先生から聞いており、真似しようと頑張った」と振り返る。

 現在は12月26日に都内で行われる「こども音楽コンクール」の東日本大会と、地域住民や保護者向けに同校で行う来年3月のコンサートを念頭に、週4回の練習に励む日々だ。藤原さんは「みんな仲の良い川上小の魅力を表現していきたい」と笑顔で話した。

戸塚区版のトップニュース最新6

高齢者向け配食ボラ始動

名瀬地域「つむぎの会」

高齢者向け配食ボラ始動 社会

20年分の思い引き継ぐ

12月12日号

2大会でW(ダブル)優勝

戸塚ACFホークス

2大会でW(ダブル)優勝 スポーツ

4年生チームが快挙

12月12日号

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク