戸塚区版 掲載号:2020年3月12日号 エリアトップへ

区洪水危険マップ 配布中 市、最大降雨量など改訂

社会

掲載号:2020年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 市はこのほど、洪水被害の危険エリアを示すハザードマップを6年ぶりに改訂し、現在対象世帯の約3万3千世帯に向け配布を行っている。想定される最大降雨量は改訂前と比べて300mm/日以上増え、広報等を担う戸塚区担当者は「これをきっかけにして防災意識をより高めてもらえれば」と話している。

1日632mmを想定

 配布されているのは柏尾川や舞岡川、名瀬川などが含まれた境川水系河川の「戸塚区洪水ハザードマップ」(フルカラーA1サイズ八つ折り)=写真。戸塚区全域と周辺地域の、予想される降雨量が24時間で302mmの「計画規模」と、改訂版で新たに追加した632mmの「想定最大規模」の浸水マップを表面と裏面に配置。このほか指定緊急避難場所の一覧や河川氾濫時に浸水する深さを段階ごとに色分けしたイラストも掲示している。

 また、今回新たに、災害時に発表される避難情報の警戒レベル(1〜5)も表示し、図の説明でどのような避難行動をとるべきかがわかるようにしている。

水防法改正が契機

 これまでは降雨量を290mm/日と想定する2014年に市が発行した「浸水(内水・洪水)ハザードマップ」があったが、国は15年に水防法を改正。これに基づいて県では新たに「想定し得る最大規模の降雨」という、1000年に1回程度の発生が想定される大雨を対象にした「洪水浸水想定区域」を18年に公表した。市ではこれを受け、今回洪水のみに絞った各区ごとのハザードマップを制作、発行。内水を記したマップは来年度中に取り組む予定だ。

戸塚駅は5m浸水か

 改訂を受けて浸水が想定される区域が増えたほか、これまで以上に浸水が深刻化するケースも浮上。特に戸塚駅周辺では、これまでは1m未満、もしくは1〜2m未満が想定されていたが、最大規模になると5m未満(2階部分まで浸水する深さ)となる。また、浸水の恐れがある指定避難場所はこれまで東戸塚小学校、戸塚小学校だけだったが、舞岡中学校、舞岡小学校、深谷中学校、汲沢中学校が加えられた。

 また、改訂によって対象世帯はこれまでより2万世帯以上増えた。現在ポスティングですべての対象世帯へと配布中で、3月中には完了を目指すとしている。区の担当者は「マップは区役所9階でも配布中なので、ぜひ一度目にしてもらい、普段から浸水した際の別ルートを考えるなど、日ごろの防災意識を高めるきっかけにしてもらえれば」と話している。

窓口前で紹介する担当者
窓口前で紹介する担当者

戸塚区版のトップニュース最新6

明学生中心の団体 受賞

県ボランタリー賞

明学生中心の団体 受賞 社会

ベトナム等への支援 評価

4月2日号

「おもてなし」で星2つ

品濃町コナカ

「おもてなし」で星2つ 経済

経産省から連続認定

4月2日号

「春」あふれる絵画展に出展

矢部町在住洋画家・清水さん

「春」あふれる絵画展に出展 文化

華やかな作風が人気

3月26日号

ポイント事業 10年目へ

南戸塚地域ケアプラザ

ポイント事業 10年目へ 社会

地域振興・健康増進に一役

3月26日号

「手洗い・消毒の徹底を」

戸塚共立病院感染症専門家

「手洗い・消毒の徹底を」 社会

家庭内コロナ対策 聞く

3月19日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

ガス会社切替の悪質勧誘増加中!

おかしいな、と思ったら☎0120‐244‐566(県LPガスお客様相談所)へ

https://www.kanagawalpg.or.jp/

横浜市戸塚の「石半」

地元横浜で80年。↓ 墓石の販売・お墓のリフォームなら石半へ↓

http://www.ishi-han.co.jp/

フレイルチェック

今の自分の体の状態をチェックし、対策しましょう

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク