戸塚区版 掲載号:2020年6月4日号 エリアトップへ

県政報告80 ウイルスから福祉現場を守れ 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2020年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 緊急事態宣言が解除されても、新型コロナの特効薬とワクチンが出来るまでは油断なりません。そんな中「3密」になろうとも、緊急事態措置における休業要請の対象外の医療機関は「生命」を、スーパーやコンビニは「生活」を、そして社会福祉施設は「福祉現場」を守ってくださっています。そこで今回は、福祉現場における感染予防策について県議会で質疑しました。

3密不可避の業務

 高齢者介護施設・障害者支援施設・保育所などの社会福祉施設は「3密」や「濃厚な接触」にならないとサービスが提供出来ない業務特性があります。利用者と職員・スタッフとが常に、3密に不可避な距離感・関係性にあるのです。

 労働契約法・第5条に「職場の安全配慮義務」が定められています。労働者の生命、身体等の安全を確保する配慮です。

 行政は『新しい生活様式』においても「3密の回避」をスローガンにしていますが、福祉現場では非現実的なこと。ならば、より一層の感染予防支援を行うべきです。

 しかし現状は、行政が施設に対しマスクとアルコール系消毒液を配布することと、感染疑い者や感染者が発生した場合に保健所が隔離対策と消毒の指導を行う程度です。その隔離対策は、発症以降の対応では手遅れになりかねません。ゆえにクラスター対策として、施設内の空間除菌を常時行うための支援と、気兼ねなく使える人体・肌に優しい消毒液の導入支援を県に提言しました。

 また、職員のメンタルヘルスやストレスケアへの対応も準備されていないため、あわせて取り組むよう求めました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

口に関わるリハビリはST外来へ

「食べる」「話す」等でお悩みの方に、ST(言語聴覚士)がリハビリを支援します

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

主婦感覚を活かして提言

元ワーキングママがゆく 35 市政レポート

主婦感覚を活かして提言

横浜市会議員 伏見ゆきえ

7月2日号

定額給付金、確実に届けたい

皆様の声をカタチに! 市政報告

定額給付金、確実に届けたい

横浜市会議員 中島みつのり

6月18日号

コロナ便乗商法から県民を守れ

県政報告 81

コロナ便乗商法から県民を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月11日号

ウイルスから福祉現場を守れ

県政報告80

ウイルスから福祉現場を守れ

神奈川県議会議員 北井宏昭

6月4日号

1人でも多くの人に支援を!

ガッツ市政報告【2】

1人でも多くの人に支援を!

横浜市会議員 坂本勝司

5月28日号

命と生活を守る補正予算

皆様の声をカタチに! 市政報告

命と生活を守る補正予算

横浜市会議員 中島みつのり

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月23日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク