戸塚区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

市大・木原生物学研究所 「種なしスイカ」で学びを 22日、WEBでセミナー

教育

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
圃場で約30株のスイカを育てる竹内さん、(右)黄色の種なしや、白色など珍しい品種も
圃場で約30株のスイカを育てる竹内さん、(右)黄色の種なしや、白色など珍しい品種も

 横浜市立大学舞岡キャンパス木原生物学研究所は8月22日(土)、「種なしスイカ」をテーマにオンラインセミナーを行う。毎年夏に開催してきた「一日施設公開」は中止になり、これに代わる行事の一つとして開催する。

 一般に広く親しまれている「種なしスイカ」は、意外に知られていないが、同研究所創設者で植物遺伝学者の木原均博士(1893〜1986)が概念を確立した「ゲノム」研究の中で、博士が世界で初めて開発したもの。この伝統を受け継ぎ同研究所では、現在も施設公開での試食用に赤や黄色の種なしスイカ、種があるオレンジや白色のスイカなど珍しい品種を育てている。圃場(畑)を管理する職員の竹内今人(いまと)さんは「今年は苗を2回に分けて植えた。前半は日照時間が少なく育てるのが難しかったが、後半のものは大きく育ちそう」と期待を込める。

子どもにワクワクを

 一日施設公開は、同研究所で10年以上前から開催しており、身近な食物を使った体験など、幅広い世代が楽しめる行事。昨年の来場者は500人を超える盛況だったが、今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。竹内さんと坂(ばん)智広教授らは、こうした状況でも子どもたちに学ぶ楽しさを提供しようと、ビデオ会議システムZoomを使ったセミナーを企画。当日は種なしスイカ開発の歴史や作り方などを紹介し、質問も受ける。坂教授は「子どもに『知らないことを知ってワクワクする』体験をしてもらえれば」と笑顔で話す。

 時間は午後2時から3時。無料だが当日1時までに要申込。WEBサイト「Peatix(ピーティックス)」で「スイカ」で検索するかhttp://ptix.at/SvnJABへ。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク