戸塚区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

吉田町の写真家坂本貴光さん 働く人を動画で紹介へ コロナ禍の支援活動

文化

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
スタジオ前に立つ坂本貴光さん
スタジオ前に立つ坂本貴光さん

 創業80年の歴史を持つ坂本写真スタジオ(吉田町)の3代目で写真家として活動を続ける坂本貴光さんが、コロナ感染が広がる中でも経済活動を維持するため、区内で懸命に働く人を支援しようと、動画を作成。将来的にSNSで紹介する考えという。

 坂本写真スタジオは故・光雄さんが1940年に創業。本業の傍ら、区内各地の風景や人物にシャッターを切り続け、その写真は時を経るにつれ、区の貴重な「財産」になっている。区の周年記念誌などで数多く掲載・紹介されているのは周知だ。

戸塚への愛情を形に

 「祖父は写真で区の記録を意図的に残した。その根底には戸塚への深い愛情があった」。確信を持ってこう語る貴光さんは、今回の自らの取り組みも同じ意図と説明する。コロナ感染が広がる中、仕事がストップしたことで「ぽっかりと時間が空いた。この機会に戸塚に何か恩返しできることはないか」との思いを形にしたという。同級生で現在はアメリカを拠点に活動する俳優の小林和寿さんに声をかけ、区内の老舗フルーツ専門店や洋食店で人気メニューを小林さんが試食し、紹介する動画を撮影。「これをあらゆる業種に広げていき、コロナ禍で苦境に立ちながらも、懸命に働く人たちを側面から支援できたら。合わせて祖父の写真のようにアーカイブし、いずれ貴重な動画資料となればと考えた。数がまとまった所でSNSで紹介していきたい」と語る。

米国で作品展示も

 貴光さんは、スタジオでの業務のほか、最近では企業のPR動画や映画俳優のインタビュー動画などの撮影も担当。本業の写真家としては現在、ニューヨーク・世界貿易センターで開催中のアート展示会に作品が4回連続で選ばれるなど、活動の幅を広げている。

 貴光さんは「希望があれば動画を撮影しに行きます。ご連絡を」と話している(【電話】045・881・3181)。

新たに1千枚発見

 また、光雄さんが撮りためた写真はこれまで約3千枚と思われていたが、新たに1千枚が同店で発見された。貴光さんによると、どれも今となっては貴重なものばかりという。コロナが収まった後、個展を開催するなど、新たな展開を模索している。
 

新たに発見された光雄さんの写真。上倉田にあった踏切前で撮影したもの。昭和50年代前半。
新たに発見された光雄さんの写真。上倉田にあった踏切前で撮影したもの。昭和50年代前半。

自分と家族の命を守ろう!

台風シーズン到来! 戸塚区役所が作成する3種類のハザードマップ確認

https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kurashi/bosai_bohan/saigai/hazardmap.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

商店街スタンプラリー

今週末から初開催

商店街スタンプラリー 経済

区内152店舗が参加

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

アフリカ文化に触れる

倉田小学校5年児童

アフリカ文化に触れる 教育

在留邦人と交流会

9月10日号

働く人を動画で紹介へ

吉田町の写真家坂本貴光さん

働く人を動画で紹介へ 文化

コロナ禍の支援活動

9月10日号

行政の災害情報収集 補完

市アマチュア無線戸塚区支部

行政の災害情報収集 補完 社会

非常時に備え、訓練継続

9月3日号

市内観光、復興遠く

市内観光、復興遠く 経済

ホテル稼働4割の低水準

9月3日号

源頼朝を祭神に1302年に設立

3年に一度の例大祭では源頼朝の遺髪が一般公開される。

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク