戸塚区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した 松信 健太郎さん 港北区在住 47歳

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena

価値を創造する書店へ

 ○…創業明治42年、111年の歴史を持つ書店有隣堂。その7代目としてこの9月に21年ぶりの社長交代となった。「まずは赤字脱却」。コロナで店頭売上が昨年比45億円減の厳しい状況での就任だが気負いはない。あるのはさらなる飛躍への明確な覚悟だけ。「今後の成長発展プランを打ち立てる前の第1局面」といまを位置づける。

 ○…会社を第一に考える祖父の姿から「大変だろう」と後を継ぐ未来を想像できなかった幼少期。大学卒業後は弁護士を目指したが、挫折を機に34歳で「拾ってくれた」有隣堂へ。「社長である父に後継がおらず、入社は将来代表者になることを意味していたが飛び込んだ」。事業部長などを経て昨年副社長になったが入社当初の“お客様奉仕”という根本は変わらない。都内商業施設に書店だけでない新コンセプトの店舗を出店した際、人が溢れた開店日を「最高の瞬間」と話すなど顧客が喜ぶ姿を見るのが一番のやりがいだ。

 ○…「365日会社のことを考えていて趣味もほとんどない」とトップの厳しい内面を吐露。その一方「なるべく自由でわがままなくらいでいい」と2人の息子の話になると思わず笑顔に。子育てが仕事のヒントになることもあり、子どもが書店で遊べるよう、ある店舗ではキッズスペースを囲む形で母親が読書できる空間を開設。「お客様に選ばれるため常に新しいことに挑戦したい」

 ○…年々本離れが進む現況を踏まえ「既存店を本を売る場所から人が集う場所に作り替える」ことが当面の目標。就任時の社長あいさつで「時代の変化に対応するだけでなく一人一人があらゆる価値を創造していこう」と社員に伝え、自身も「リーダーにふさわしいよう自己成長を続けていく」と未来を見据えた。

戸塚区版の人物風土記最新6

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

10月29日号

中村 公也(きみや)さん

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した

中村 公也(きみや)さん

深谷町在住 64歳

10月22日号

内海 宏さん

オンライン初開催となる戸塚区地域づくり大学校で講師を務める

内海 宏さん

俣野町在住 73歳

10月15日号

松信 健太郎さん

品濃町に営業本部ビルを置く老舗書店(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

10月8日号

尾崎 広幸さん

開業40周年を迎えた東戸塚駅の駅長を務める

尾崎 広幸さん

平塚市在住 56歳

10月1日号

赤嶺 正治さん

大型海洋観測船「みらい」の初代船長として戸塚柏桜荘で講演する

赤嶺 正治さん

藤沢市在住 73歳

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク