戸塚区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

初の著書「リンケージ外交戦術」で第23回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した 中村 公也(きみや)さん 深谷町在住 64歳

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

アラブ人との架け橋に

 ○…日本の石油会社で35年勤め、中東にある油田の利権協定を更新するため奔走。その経験をノンフィクションでまとめ2月に出版。新聞で見かけた自費出版文化賞に応募すると、初の著作にして特別賞に。「入選候補に選ばれ、さらに受賞で2度驚いた。日本人にあまり馴染みのない仕事。自分なりに書き上げることができ、認めていただいた」と笑顔を見せる。

 ○…進学を機に石川県金沢市から上京。「海外で仕事がしたい」との思いで入った会社で取引先だった石油会社のダイナミックな世界に魅了され、アラブ首長国連邦とカタールの国境線上にある油田の操業権をもつ企業に転職。アブダビに赴任し、2つの国営石油会社と契約更新を進める中、2017年、利権失効まで1年を切るタイミングで両国が国交断絶。両国から指名を受け一人交渉人として緊迫した仕事に就く。東京大阪間ほどの距離を中立国経由で1日がかりで行き来するなど、苦労を重ねたが「相手国の言っていることを正確に誠実に伝えること」を信念に失効日当日、更新にこぎつけた。

 ○…1990年、妻と8歳の娘と旅行先のスイスで、湾岸戦争の発端となるイラクのクウェート侵攻をニュースで目の当たりに。以降、単身赴任で刻々と変わる社会情勢の中で日本とアブダビを行き来した。本出版は、稀有な仕事を見てきた妻の勧めから。「悩み迷いながらだったが、妻が背中を押してくれました」

 ○…アブダビの気候は過酷で、50度近い日が続くことも。ゴルフで熱中症になり入院することになった時、アラブ人の同僚が退院するまでずっと付き添ってくれた。「アラブの人たちは優しくて一緒にいて居心地のいい人たち。この本でイスラムの文化を理解してもらえるきっかけになれば」

戸塚区版の人物風土記最新6

遠山 元浩さん

遊行寺宝物館館長として「とつか歴史講演会」の講師を務める

遠山 元浩さん

藤沢市在勤 52歳

5月13日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

港北区在住 21歳

5月7日号

岸 信行さん

4月1日付で戸塚消防署長に就任した

岸 信行さん

泉区在住 57歳

4月29日号

伊藤 博之さん

3月22日付で戸塚警察署長に就任した

伊藤 博之さん

矢部町在住 58歳

4月22日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月15日号

B. Nazki(びー なつき)さん

第4回とつかソングコンテストのグランプリに輝いたシンガーソングライター

B. Nazki(びー なつき)さん

東京都在住32歳

4月8日号

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter