戸塚区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

市内ケアプラ等 事業のオンライン化推進 全館にWi−Fi整備へ

社会

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
市内の地域ケアプラザ
市内の地域ケアプラザ

 コロナ禍で地域の福祉活動が制限される中、市は地域ケアプラザ等の事業のオンライン化を進めていく方針だ。そのためのICT環境整備として、市内ケアプラザ140カ所と社会福祉活動拠点18カ所にWi―Fiの整備を要請。各施設は、市の9月の補正予算を活用して年内をめどに設置していく。

 地域ケアプラザ等は、体操教室や食事会など生活に役立つ行事や、専門員による無料相談などを実施し、地域の福祉活動の場となっている。

 しかし、現在はコロナ禍で活動を制限する状況が続き、利用者の体を動かす機会や、交流などが減っている。健康講座などの自主事業を中止していた施設には「早く実施してほしい」と利用者から要望もあった。

 そこで市は、場所に限らず各種講座や会議、相談などを実施できるようオンライン化を推進。例えば、対面の会議をオンラインに変更するなど、各施設の状況に合わせて導入する想定だ。

10万円上限に補助

 そのための環境整備として、これまでケアプラザで6カ所、福祉保健活動拠点で7カ所と整備が進んでいなかった公衆無線LANサービスWi―Fiの導入を要請した。

 今回、市が必須と定めたのは利用頻度の高い諸室。助成は1施設10万円が上限。対象はルータ購入や回線工事費など。すでに各施設へ要請が行われており、状況に合わせて導入していく流れだ。

「足りない」の声も

 一方、市内のケアプラザは、配線工事の有無など環境の違いをあげ、「新しく回線を引いたり、機能を重視すると、10万円では足りない」と漏らす。また、「高齢の利用者に端末を操作してもらう場合は、使い方の指導が必要」と整備後の不安の声もあった。

 市は、年度内にオンラインツールの活用法などを運営側に伝える研修などを予定。費用については「上限の範囲内でお願いしたい」としている。

戸塚区版のトップニュース最新6

火災件数 市内ワースト2

戸塚消防署管内

火災件数 市内ワースト2 社会

前年比は最も増加

1月21日号

伝統文化存続に貢献

東俣野凧の会

伝統文化存続に貢献 文化

近隣小学校で長年指導

1月21日号

ビール作りに支援集まる

市大・木原生物学研究所

ビール作りに支援集まる 教育

春と秋の販売目指す

1月14日号

コロナうつ「工夫し解消を」

区内精神科病院院長

コロナうつ「工夫し解消を」 社会

外出自粛時の心構え語る

1月14日号

区内2,876人が門出

成人式

区内2,876人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

コロナ支援策を推進

吉泉戸塚区長

コロナ支援策を推進 社会

「一人ひとりを守りたい」

1月7日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

司法書士行政書士髙田秀子事務所

実績3,000件以上!相続の専門家が対応(045-410-7622)

https://www.takada-office.biz/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

リモートで戸塚の天体観測

【Web限定記事】横浜の星空さんぽ解説

リモートで戸塚の天体観測

2月13日・20日 踊場地区センター主催

2月13日~2月20日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク