戸塚区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

世界的指揮者大友直人さん 戸塚高 吹奏楽部を指導 「憧れを失わずに」とエール

文化

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
大友さん(左)と古谷さん
大友さん(左)と古谷さん

 市内で唯一音楽コースを有する戸塚高校でこのほど、日本を代表する指揮者のひとりである大友直人さんが吹奏楽部などの生徒たちに特別指導を行った。参加した生徒たちは世界で活躍する巨匠の気迫に圧倒されていた。

 今回の特別指導は、大友さんが創設した世界各国の若手演奏家が横浜に集う教育音楽祭「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン(MMCJ)」の活動の一環。

 同校では、毎年MMCJの外国人講師による特別指導が行われてきた。しかし、今年は新型コロナウイルスの流行により、MMCJは中止。来日できない外国人指導者に代わり、音楽監督である大友さんが訪れた。

 日本フィルハーモニー交響楽団や東京交響楽団の正指揮者を務めてきた大友さん。2013年にエネスク国際音楽祭で行った演奏は「日本のオーケストラが西洋音楽への新しい希望を見出した」と評されている。

目を輝かせる生徒たち

 当日はフェイスシールドの着用など感染症対策が徹底される中、約70人の吹奏楽部の生徒が、エルガーの「ニムロッド」を1時間にわたり練習した。また、それ以外に音楽コースから10人ほどの見学者が集まった。

 大友さんは音の強弱のつけ方などの指導を行った。「普段から良い練習をしていることが、音から伝わった。音楽がやりづらい状況ではあるが、憧れを失わず頑張ってほしい」とエールを送る。

 学生指揮者を務める、2年生の古谷宙樹さんは「指揮をとる瞬間の気迫に鳥肌が立った。わずかな時間で仲間の音が格段に良くなった」と目を輝かせた。

 また、吹奏楽部顧問の高橋典秀教諭は「大友さん指導のもと出せた音をあすも再現するのは難しい。大切なのは大友さんの思いをつないでいくこと」と語り、今後の活動に期待を寄せた。

指揮をする大友さん
指揮をする大友さん

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

児童600人に演技披露へ

戸塚町元五輪体操選手

児童600人に演技披露へ 教育

「夢に向かう大切さ」伝える

12月2日号

人権作文、市大会で優秀賞

秋葉中日向野さん

人権作文、市大会で優秀賞 教育

妹の障害通じ「可能性」探る

12月2日号

高齢者の口腔内乾燥 研究

横浜薬科大田口准教授ら

高齢者の口腔内乾燥 研究 社会

学術大会で最優秀賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 社会

開業の見通し不透明に

11月25日号

ロードレースで全国優勝

南舞岡山本さん

ロードレースで全国優勝 スポーツ

自転車競技で50代トップ

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 文化

横の連携で早期支援へ

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook