戸塚区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

とつか区民の夢プロジェクト補助金事業を使い、6月からイベントを行う「広場きわめ隊」の代表 菅田 紗央里さん 品濃町在住 33歳

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

働く世代と地域をつなぐ

 ○…地域の魅力向上など区民の自主的な活動に対し、事業費を支援するとつか区民の夢プロジェクト。昨年11月に発足し、交付事業に選ばれた「広場きわめ隊」はイベントをきっかけに、地域住民同士をつなげることを目標とする。「初めてのイベント。全9回のプログラムを通して宿場町・戸塚の変遷を参加者といっしょに学び、交流を深めたいです」

 ○…3年前まで社会科の教員として働いていた。「その頃は、家と職場の往復で悩みを打ち明けられる所がなく、地域とも無縁でした」。仕事を辞め、近所にほっとできる場が欲しいと思っていたときに目に飛び込んだのが、「地域づくり大学校」のチラシ。すぐに参加を申し込み、今回、発足した「広場きわめ隊」となる仲間や、プログラムの協力者と出会った。「以前の私のように家と職場の往復生活の人にこそ、参加してほしいです」

 ○…区内に生まれ、10歳まで暮らしていた。6年前、結婚と同時に再び戸塚の地に。「引っ越しを考えていたとき、幼い頃を過ごした戸塚が思い浮かびました。この町が好きだから、魅力を伝えていきたい」とほほえむ。教員時代は歴史を専門とし、戦争経験者から話を聞き、手製紙芝居を生徒たちの前で披露したことも。自分の目で確かめることを大切にし、今回のプログラムにも、参加者が学んだことを見極められるよう、ウォーキングイベントを盛り込んでいるという。

 ○…「開催にあたり、この3年間で出会った多くの人に助けられてきた。次は参加者の方と支え合える関係性を広くつなげ、来年以降もイベントを続けていきたい」と力強く語る。笑顔の裏に秘めた芯の強さは、今後、多くの現役世代の支えとなるだろう。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook