戸塚区版 掲載号:2021年7月1日号 エリアトップへ

7月1日に戸塚区歯科医師会の会長に就任した 山口 里恵さん 深谷町在住 63歳

掲載号:2021年7月1日号

  • LINE
  • hatena

悲しみ乗り越え、突き進む

 ○…区内の約100人の歯科医師が所属し、学会や講習会を行う戸塚区歯科医師会。「10年務めた前会長には到底及ばないのでプレッシャーもあるが、教えをもとに会を守っていきたい」と会長として自らを奮い立たせる。多忙な会員が多いこともあり、まずはリモートでの研修や講習に力を入れていく考えだ。

 ○…下倉田町の八巻歯科の娘として生まれ、歯学部卒業後、結婚を機に専業主婦に。2人の子どもをもうけるが、下の娘は3歳のころに難病で突然亡くなった。家族と悲しみに暮れ、「とにかく辛くて、何年かは立ち直れなかった」と話す。しかし、仏壇の前で泣いていても人生は変わらないと思い立ち、43歳の頃から父を手伝い始め、歯科医師会にも入った。県歯科医師会では災害時や警察の遺体身元確認に協力する委員会に所属。東日本大震災のときにも現地に赴き、その後は委員長として今年6月まで大役を果たした。「娘を無くす悲しみを経験したからこそ、家族を突然失った人のために奮闘できました」。その功績もあり今回、会長に推薦された。

 ○…2人の孫娘がいまの生きがい。最近は着物の着付けを習い、「孫に着せられるくらい上達したい」とはりきる。院内は孫や家族の写真をたくさん飾り、アットホームな雰囲気。「患者さんに写真を見せながら、家族の話をします。笑ってリラックスしているうちに、ピッと歯を抜いたりね」とはにかむ。

 ○…高齢化社会も進み、区歯科医師会として在宅診療に力を入れていきたいという。「得意な方の知識を共有してもらい、会員みんなで高め合っていきたい」と語る。悲しみを「乗り越えるしかない」とからりと話すその強さは、これからの区民の歯と口の健康の一助となるだろう。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook