戸塚区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

定年後から作家として活動する 小貫 和也さん 汲沢在住 82歳

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena

反骨の「水戸っぽ」

 ○…60歳で銀行を定年退職した後から本格的に執筆活動を始め、20余年の間に世に出した本は7冊。処女作の児童文学「王家のカラス」から歴史小説「香梅の門」、自身の趣味を紹介する「十の楽しみ、一つの悩み」など、ジャンルは幅広い。「自分から仕掛けなければ何も生まれない。その思いで文学賞に応募し、出版社に原稿を持ち込んだ」。終始穏やかな表情を崩さないが、眼光はキラリと鋭い。

 ○…午前中は散歩、水泳でみっちり体を動かし、妻手作りの昼食を終えた後、自宅書斎で日課の原稿作りに励む。「2時間ほど、パソコンのキーを叩き続ける。小説は筋書きが腹の中にあり、それを文字に起こしていく。1作1年はかかる」。幼い頃からの読書好き。高校ではロシアの文豪・ドストエフスキーの研究会に所属するほど熱を入れた。「小説家になりたかったんです」。文筆に対する思いは筋金入りで、「日常雑感」という非公表のブログもせっせと続ける。「社会情勢批評、自分の子どもや孫のことなど、印象深い出来事を記している」

 ○…茨木県水戸生まれ。この地で過ごした青春時代が自身の性格に色濃く反映されている。「歴史的に水戸の人は反骨精神が旺盛。俗に『水戸っぽ』と言いますが、私にはその要素が多分にある」。現役時代、仕事に納得がいかなければ、上役とぶつかることも厭わなかったという。

 ○…自著にあるように多趣味で、特に水泳はマスターズ世界トップテンにランクされた腕前。自宅近くの宇田川の環境保全活動にも近隣住民とともに力を注ぐ。「定年後、私はやりたいことをやり、作家としても書きたいことを書き切った」。欠けた部分がない、満月のような満ち足りた笑顔を見せた。

平成横浜病院

身体の痛みにお悩みの方、整形外科外来へご相談ください!

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

渡邉 泰雄さん

横浜薬科大学元教授で一般社団法人パクチーアカデミー協会の理事長を務める

渡邉 泰雄さん

戸塚区在勤 73歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

服部 一弘さん

11月5日に東戸塚でボランティア講座を行う「横浜移動サービス協議会」の理事長

服部 一弘さん

上矢部町在住 58歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

瀬川 晶司さん

プロ棋士で自伝『泣き虫しょったんの奇跡』の著者として戸塚図書館主催で講演する

瀬川 晶司さん

南舞岡在住 51歳

10月21日号

田中 實さん

創立70年以上の歴史を持つ戸塚区美術協会の会長

田中 實さん

吉田町在住 84歳

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月28日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook