戸塚区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

小雀小6年小林仁夏さん 国際平和スピーチで入賞 「命の大切さ」テーマに発表

教育

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
賞状と盾を手にする小林さん
賞状と盾を手にする小林さん

 横浜市内の小中学生が国際平和に対する思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」の結果が9月9日に市から発表され、小雀小学校6年の小林仁夏さんが審査委員長賞を受賞した。

 同コンテストは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)に基づき、「国際平和のために、自分がやりたいこと」をテーマに市内小中学生がスピーチする。大会は今年で25回目。昨年はコロナ禍で中止となったが、今年は約5万人の参加者から、各区予選会で小、中学生1人ずつが区代表に選出、8月上旬に本選としてビデオ審査が行われた。最優秀となる市長賞のほか、教育長賞、審査委員長賞が小・中学校から2人ずつ選ばれた。

友人の死が契機

 小林さんは「命のバトン」と題した約600字の原稿を作成しスピーチに挑んだ。小学4年生の時、白血病で亡くなった友人の死を機に命について考え、自分に出来る事として、医療用ウィッグのために髪の毛を伸ばし寄付するヘアドネーションの活動に参加。命を大切にすることが世界の平和につながると訴えた。

 友人の男の子とは、地域の赤ちゃん教室で知り合って以来の幼馴染みだった。「心の中で(男の子が)応援してくれていると信じてた」と小林さんは振り返る。市長賞を目指していたため受賞を知った時は「悔しかった」と負けず嫌いの性格をにじませるが、母の智美さんは「ここまで来れたことがすごいこと」とねぎらった。また、以前はクラスで一人で過ごすことが多かったが、受賞をきっかけに「友達が話しかけてくれたり自分から話せるようになって、学校が前より楽しくなった」と笑顔を見せる。今は卒業文集作成に向け、夏休みの職業調べ学習で「生命の誕生に携われる」と母から教えられた助産師の仕事に興味を持っているという。
 

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

知的障害者国際マッチ 出場

戸塚町齊藤さん

知的障害者国際マッチ 出場 スポーツ

サッカー日本代表選手に

7月7日号

ウクライナ支援を継続

横浜市

ウクライナ支援を継続 社会

6月補正予算 新規事業も

7月7日号

「主体性」育むプレゼン大会

深谷中3年生

「主体性」育むプレゼン大会 教育

再開した修学旅行で挑戦

6月30日号

5区は戸塚・泉のみに

衆院区割り案

5区は戸塚・泉のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook