戸塚区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

小雀小6年小林仁夏さん 国際平和スピーチで入賞 「命の大切さ」テーマに発表

教育

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
賞状と盾を手にする小林さん
賞状と盾を手にする小林さん

 横浜市内の小中学生が国際平和に対する思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」の結果が9月9日に市から発表され、小雀小学校6年の小林仁夏さんが審査委員長賞を受賞した。

 同コンテストは、2015年に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)に基づき、「国際平和のために、自分がやりたいこと」をテーマに市内小中学生がスピーチする。大会は今年で25回目。昨年はコロナ禍で中止となったが、今年は約5万人の参加者から、各区予選会で小、中学生1人ずつが区代表に選出、8月上旬に本選としてビデオ審査が行われた。最優秀となる市長賞のほか、教育長賞、審査委員長賞が小・中学校から2人ずつ選ばれた。

友人の死が契機

 小林さんは「命のバトン」と題した約600字の原稿を作成しスピーチに挑んだ。小学4年生の時、白血病で亡くなった友人の死を機に命について考え、自分に出来る事として、医療用ウィッグのために髪の毛を伸ばし寄付するヘアドネーションの活動に参加。命を大切にすることが世界の平和につながると訴えた。

 友人の男の子とは、地域の赤ちゃん教室で知り合って以来の幼馴染みだった。「心の中で(男の子が)応援してくれていると信じてた」と小林さんは振り返る。市長賞を目指していたため受賞を知った時は「悔しかった」と負けず嫌いの性格をにじませるが、母の智美さんは「ここまで来れたことがすごいこと」とねぎらった。また、以前はクラスで一人で過ごすことが多かったが、受賞をきっかけに「友達が話しかけてくれたり自分から話せるようになって、学校が前より楽しくなった」と笑顔を見せる。今は卒業文集作成に向け、夏休みの職業調べ学習で「生命の誕生に携われる」と母から教えられた助産師の仕事に興味を持っているという。
 

戸塚区版のトップニュース最新6

大阪の美術展で知事賞

平戸依田さん

大阪の美術展で知事賞 文化

195人の中で最優秀

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook