戸塚区版 掲載号:2021年11月4日号 エリアトップへ

戸塚区の団体 緑化推進で県知事賞 四半世紀の活動を評価

コミュニティ社会

掲載号:2021年11月4日号

  • LINE
  • hatena
七草を食べる会のときの様子
七草を食べる会のときの様子

 戸塚区の「みどりの学校」がこのほど、花と緑の愛護に功績のあった神奈川県内の団体を表彰する「『みどりの愛護』のつどい記念県都市緑化功労者」の県知事表彰を受賞した。四半世紀にわたる活動が評価されたものだ。

 「『医者に行くより、山に行こう』。これが我々の合言葉なんです」

 こう目を細めて語るのは、代表の東海林伸さん。「みどりの学校」は、 1995年から3年間、戸塚区主催の生涯学習講座を受講した約40人が講座終了後「みんなで集まろう!」と意気投合し活動をスタート。25年を超えたいまも和気あいあいと楽しんでいる。

講師の魅力に集まる

 ポイントとなったのが、同講座の講師を務めた、当時市役所職員の六浦勉さんの存在だ。「自然の面白さを教えてくれた。いまも講師として参加してくれています」と東海林さんは語る。

 まさかりが淵市民の森をホームに、毎月2回、森内の除草、下草刈り、伐採をするほか、散策路の魅力をアップするため、アジサイ、スイセンなど季節の花の増殖植栽を実施。また、自然観察会や収穫祭、間伐材を一部使ったイスやベンチを作成し、関内駅前の横浜公園で開かれる「よこはま花とみどりのスプリングフェア」に出展し、販売。活動資金に充てている。このほか、5年ほど前からは、汲沢町で地域の愛護会と一緒にホタルの生育に取り組み、成功させている。

 東海林さんは「森の中でみんなで食べる、お昼のおにぎり、豚汁のおいしいこと。大きな賞をもらったがこれまで通り、みんなと仲良く元気に活動を続けたい。コロナがどうやら落ち着き始めたので通常に戻れそう」と嬉しそうに話す。

 同団体では、子育て世代など幅広く会員を募集中。問合せは東海林さん【電話】【FAX】045・812・5289。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

立憲民主党第5区総支部

事業復活支援金の受付が始まります

http://www.yamazakimakoto.jp

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

国際交流本を出版

戸塚町久保田さん

国際交流本を出版 文化

留学生80人の話まとめる

1月27日号

「減災の意識高めて」

戸塚区

「減災の意識高めて」 社会

2月、オンラインイベント

1月27日号

女性起業家250人輩出

上倉田町フォーラム

女性起業家250人輩出 経済

「たまご塾」が設立15周年

1月20日号

フラで自閉症理解 訴え

小雀町在住者主宰団体

フラで自閉症理解 訴え 社会

世界啓発デーにイベント

1月20日号

移動販売を本格始動

秋葉町内会

移動販売を本格始動 コミュニティ社会

住民の声から実現

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。新年から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月20日0:00更新 社会

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook