戸塚区版 掲載号:2022年3月10日号 エリアトップへ

戸塚区内 全路線バスマップ 初作成 市と区が連携して発行

社会

掲載号:2022年3月10日号

  • LINE
  • hatena
発行に携わった戸塚区役所のメンバー
発行に携わった戸塚区役所のメンバー

 横浜市と戸塚区は2月、区内全バス路線を掲載した区別バスマップを作成、発行した。公共交通機関の利用を促す「モビリティマネジメント」の一環で、戸塚区のマップを作成するのは初。区内各所で配架されており、担当者は「ぜひ手に取って」と呼びかける。

 横浜市では交通渋滞緩和や環境負荷軽減を図るためにマイカー交通から公共交通機関への転換を掲げるモビリティマネジメントに取り組んでおり、2010年度に初めて泉区で区別バスマップを作成した。転入者に向けて配布しており、バスが身近で便利な乗り物であると伝えたい考えだ。

 マップはこれまでマイカー利用者が多い瀬谷区や磯子区、港南区など、郊外エリアを中心に作成。今回の戸塚区版は11区目で、他区に比べて一回り大きいA2サイズを折り畳んだ仕様になる。市担当者は「面積が大きく、バス路線も多いのが戸塚区の特徴。密集した路線で従来のA3では見づらかったため、区の担当者と相談してサイズを拡大した」と説明する。

「こすずめ号」も紹介

 作成には戸塚区も携わり、表紙には区のマスコットキャラクター「ウナシー」を登場させた。手作りのバス停の前に立たせた風景写真は、イラストのみの他区とは趣が異なり、区担当者は「親しみを感じてもらい、気軽に手を取ってもらえるように」と話す。また、ツイッターなどのSNSでもウナシーを頻繁に登場させており、その相乗効果も図ったという。

 路線図としては神奈中バス、相鉄バス、市営バス、江ノ電バスのほか、コミュニティバスの「こすずめ号」も掲載。これまで各路線ごとのマップはあったものの、一つにしたものはなかったという。そのほかバスで行きやすい俣野公園や小雀公園などの区内おすすめスポットを掲載している。区担当者は「バス利用時に持ち歩いてもらい、区の魅力を改めて発見してもらえれば」と話す。

 マップは区役所2・3・9階の窓口、各地区センター・ケアプラザ、図書館等で手に入る。

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

VR訓練システムを開発

戸塚消防署長

VR訓練システムを開発 社会

産学官連携 初の公開

6月23日号

子どもの学習支援に貢献

戸塚無料塾

子どもの学習支援に貢献 教育

設立5年 運営が充実化

6月23日号

フォーラムで交流促進

転勤・単身赴任 妻の会

フォーラムで交流促進 社会

リアルな悩みを共有

6月16日号

市がひきこもり相談窓口

中高年向け

市がひきこもり相談窓口 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月16日号

戸塚区に操縦者養成校

県ドローン協会

戸塚区に操縦者養成校 社会

災害時の活用を期待

6月9日号

世界水泳へ初挑戦

上矢部町出身水口知保選手

世界水泳へ初挑戦 スポーツ

地域の力を背に 18日開幕

6月9日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook