戸塚区版 掲載号:2022年6月2日号 エリアトップへ

3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」を主催する協議会の会長を務める 山本 将央(まさなか)さん 汲沢在住 51歳

掲載号:2022年6月2日号

  • LINE
  • hatena

「捨てない」心で機会を待つ

 ○…「コロナ禍でなかなか思うように練習ができない時期を乗り越えてようやくここまで来た。まずは無事に成功させたい」。8つの武道団体から構成される戸塚武道連絡協議会の会長として、3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」をけん引。パンフレットを作成・配布していざ開催、というところで中止となった前回の悔しさも背負い、笑顔の奥で静かに意欲を燃やす。

 ○…生まれは静岡県の西伊豆。高校時代に弓道と出会い、友人とともに努力を重ねた。大学入学とともに上京。就職後、千葉、戸塚と転居を重ねても弓道は30年以上そばにあり続けた。「動かない的を狙うのになかなかうまく当てられない。だからこそ飽きない。大事なのは、すぐに見切りをつけて『捨てない』こと」ときっぱり。若いころには大病を患い大きな手術も経験したが、それでも粘り強く弓を引いてきた。「世の中には人生を投げてしまう人もいるが、疲れたら少し休んでまた進めばいい。諦めなければ道は開ける」

 ○…妻と長男、長女の4人暮らし。休日は趣味の釣りも楽しむ。「釣れなくても海を眺めてコーヒーを飲んでいるだけでリラックスできる」と目を細める。最近精を出しているのは家庭菜園。野菜が育つ過程の面白さが魅力で「釣れた魚と育てた野菜で料理ができればいいけど、なかなかうまくいかないね。それがまた面白い」。

 ○…何事も過程に重きを置くのは「歩みを止めずに気長に待てばチャンスは必ず訪れる」という思いから。コロナ禍が落ち着き機会が来れば、さまざまな大会も再開させ競技人口増加や知名度向上を目指す。「武道は強ければいいというスポーツではない。日々の練習や経験の積み重ねの中で成長を楽しんでほしい」

無料の体操教室7/11

会場:ONE FOR ALL横浜(申込は392-4141へ)

https://npo-tkm.or.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6

矢島 昭彦さん

横浜市幼稚園協会戸塚支部の支部長に就任した

矢島 昭彦さん

栄区在住 61歳

6月23日号

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

3年ぶりに市内で環境チャリティ・コンサートを開く戸塚ゆかりのソプラノ歌手

雨谷 麻世(あまがい まよ)さん

都内在住

6月16日号

白瀬 綾乃さん

この春から戸塚町と吉田町で年齢上限のない全障害者向けの造形教室を開講している

白瀬 綾乃さん

矢部町在住 44歳

6月9日号

山本 将央(まさなか)さん

3年ぶりの「とつか武道フェスティバル」を主催する協議会の会長を務める

山本 将央(まさなか)さん

汲沢在住 51歳

6月2日号

菊池 賢児さん

5月に戸塚区連合町内会自治会連絡会の会長に就任した

菊池 賢児さん

汲沢在住 73歳

5月26日号

福士 三夫さん

自宅で珍しい実のつく苗木セットを配布している

福士 三夫さん

上矢部町在住 74歳

5月19日号

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook