神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年4月11日 エリアトップへ

いずみ野小学校 開校式で新たな一歩 「学校の良さ2倍に」

教育

公開:2024年4月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
代表児童の言葉に耳を傾ける参加者
代表児童の言葉に耳を傾ける参加者

 いずみ野小学校(泉区和泉町)は4月1日、開校式を行った。学校規模適正化によって、旧・いずみ野小と阿久和小(瀬谷区阿久和南)が統合し、新年度から新たなスタートを切った。

 校名は「いずみ野小学校」から変わらず、3月末までいずみ野小の校長を務めた齋藤敦子校長が新校でも着任した。

 開校式には、新2年生から6年生が参加。保護者や来賓、統合に携わった検討部会の会長などから祝辞が贈られ、和やかな雰囲気で進行された。

 児童代表として登壇した嶋田梨衣奈(りいな)さんと梅本翠(すい)さんは「それぞれの学校の良さ、地域の人の応援が2倍になりました。お互いを認め合い、新しいいずみ野小の伝統を作っていきましょう」とあいさつした。

 8日の入学式では、57人を新1年生として迎え入れ、全校児童358人で新たないずみ野小学校の歴史を刻んでいく。

表札一新に地域の力

 さらに開校式で、校名の彫られた新たな表札も披露された。板材は、泉区の(株)土屋材木店(土屋富久代表)が提供。同社の先代が、もともと使用していた表札を制作した縁から、今回も協力した。さらに題字は瀬谷区・茂木清子さん、彫刻は泉区・苅部勝美さんがそれぞれ担当し、約1年間かけて制作された。

 両校統合は、横浜市教育委員会が2022年7月に開かれた臨時会で、児童数の少ない阿久和小の学校規模適正化を目的に決定。周辺の自治会町内会関係者などで構成された検討部会が協議を重ね、通学区域や校名などについて話し合い、意見書を取りまとめた。

 また、両校の児童は統合前に複数回にわたり交流イベントを行い、親睦を深めてきた。

 齋藤敦子校長は「学校教育目標『みんなかがやけ、いずみ野小』のように、児童一人ひとりが地域でかがやいてほしい。両校文化を融合させ、新しい時代の教育を進めていく」と話した。

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

上飯田から全国優勝

中学女子硬式野球

上飯田から全国優勝

地域クラブの「オール京急」

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

読書活動で文科大臣賞

戸塚区川上小

読書活動で文科大臣賞

端末活用し、言語力向上へ

5月16日

河川功労者表彰を受賞

泉区の水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞

日頃の清掃活動など評価

5月16日

「ミツバチに親しんで」

戸塚区矢部町

「ミツバチに親しんで」

戸塚の「百花蜜」づくり始動

5月9日

子育て支援に新施策

泉区

子育て支援に新施策

当事者、事業者を後押し

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook