神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年5月2日 エリアトップへ

泉区のラーメン店 心込めた一杯で難民支援 「雪ぐに」店主・柴田さん

社会

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
ボランティアを続ける柴田さん
ボランティアを続ける柴田さん

 泉区中田東のラーメン店「雪ぐに」店主の柴田雅大さん(38歳)が、鎌倉市内の難民支援施設でラーメンによる支援を続けている。5月22日にも利用者らに無料でふるまうイベントを控えており、「心を込めた一杯で笑顔になってもらえたら」と思いを語る。

鎌倉の施設で

 柴田さんは昨年5月から、鎌倉市内の難民支援施設「アルペなんみんセンター」で年2回ほどボランティア活動に参加。この事業は湯河原の人気店「らぁ麺 飯田商店」店主の飯田将太さんが始めたもので、現在は7店ほどの店主が賛同して続けられている。

 すでに人気店を営んでいた飯田さんが数年前に雪ぐにを訪れたことがきっかけで柴田さんと交流が始まったといい、「料理への姿勢も尊敬でき、そんな飯田さんの取り組みと聞いて興味をもった」と柴田さん。難民を巡る問題について学ぶうち、「みなさん不安の中で暮らしている。僕らにとっての普通の暮らしがいかに幸せかと考えさせられた」と話す。

 海外からの難民の人たちの中には人生で初めてラーメンを食べるという人もいる。「美味しい一杯を作って、良い思い出になったらいいなと思います」と笑顔を見せる。

「良い食事体験を」

 戸塚区で育った柴田さんは幼い頃から親戚の住む新潟県妙高市を訪れる機会が多かったという。会社員時代を経て、思い入れのある同地に関わる仕事ができればと、新潟の人気ラーメン店「食堂ミサ」で経験を積んだ。同店の味をベースに29歳の時に泉区で開業し、試行錯誤しながら、店を切り盛りしてきた。

 今なお他店を訪れては「良いなと思うサービスなどは取り入れるようにしています」と話す。大切にしているのは「美味しいラーメンだけ作ればいいわけじゃなく、接客や空間も含めて良い食事体験をしてもらえたら」との思い。「多くの人に笑顔になってもらえたら」と語った。

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

障害乗り越え全国6連覇

戸塚町在勤・遠藤さん

障害乗り越え全国6連覇

「切断者」サッカーで代表も

6月13日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月13日

改修完了し、利用再開

戸塚公会堂

改修完了し、利用再開

座席、ステージも一新

6月6日

ソラトス開業は7月25日

ゆめが丘

ソラトス開業は7月25日

129店舗が出店

6月6日

古代の田植えを再現

舞岡公園

古代の田植えを再現

大学が実証研究

5月30日

不登校児に「居場所」

泉区に新拠点

不登校児に「居場所」

「寄り添い」で支援

5月30日

平成横浜病院

横浜市の健診・検査

https://yokohamahp.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook