16日に開催された県大会で優勝を果たした「戸塚ACFホークス」の監督を務める常盤 雄一郎さん戸塚町在住 49歳

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • はてぶ

「純粋に野球楽しんで」

 ○…「いやあ、嬉しい。県大会での優勝は滅多にできない」。16日に行われた県学童軟式野球選手権大会で、監督を務める「戸塚ACFホークス」が54チームの頂点に立った。「彼らが地道に練習を重ねた結果です」と選手達のひたむきさを称える。

 ○…子どもの頃からたまらなく野球が好きだった。少年野球の監督をしていた父の影響もあり、「暇さえあればキャッチボールか素振りをしていた」と笑う。小3の頃、同チームの前身・高井ホークスへ。熱い指導を受けてますますのめりこみ、中学・高校でも得意の守備を磨いた。「プロに憧れたこともあったけど、厳しい練習よりも楽しくプレーする方が性に合っていた」。成人後は仕事の傍ら、草野球の日々……だったが、2人の息子がホークスに入り転機が訪れる。「試合の応援に行くと指導側も選手もとにかく熱心。今までの経験を生かして自分も子ども達に何かできないか」。そんな情熱が沸きあがり、15年前に「監督」という形でホークスに舞い戻った。

 ○…近所では「クリーニング屋の店主」として親しまれ、アイロンがけから配達まで日々動き回る。監督業との二足のわらじは大変だが、「いつも周りの支えがある。まちの人の情の厚さを感じるね」としみじみ。特に実弟の哲哉さんは、幼い頃から共にプレーしてきた戦友のような存在。「彼が仕事もチームも全力で手伝ってくれるから頑張れる。本当に感謝です」

 ○…8月23日にプロ1軍初登板を果たした日ハムの宮台康平選手もホークス出身で教え子だ。「上出来、よくやった!」といい、今後の活躍を見守る。チームのメンバーには「プロを目指すのは立派なこと。でも、まずは野球を純粋に楽しんでほしい。そう思ってもらえる指導ができたら」。カラっとした笑顔で話す。

  • LINE
  • はてぶ

戸塚区版の人物風土記最新3件

  • 加山 久夫さん

    設立20周年を迎えた明治学院大学ボランティアセンターの初代所長

    加山 久夫さん

    舞岡町在住 82歳

    11月8日号

  • 山田 恵里さん

    あすから始まるソフトボールの国際大会で女子日本代表のキャプテンを務める

    山田 恵里さん

    日立ソフトボール部所属 34歳

    11月1日号

  • 小林 いずみさん

    10月28日開催の第13回浜薬祭実行委員会委員長を務める

    小林 いずみさん

    横浜薬科大学3年 21歳

    10月25日号

11月24日 リハビリ健康教室

リハビリから見る認知症の予防について・参加無料・各回7名(予約制)

https://yokohamahp.jp/

<PR>