金沢区・磯子区版 掲載号:2011年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

自衛官募集相談員としての功績が評価され海上幕僚長感謝状を贈呈された 川島 一美さん 寺前在住 85歳

愛国心貫く 昭和の男

 ○…現在は引退したものの、30年以上にわたり自衛官募集相談員として活動を続け、このほど、海上幕僚長感謝状を贈呈された。これは海上自衛隊に協力し、推称に値する人に贈られるもので、今年度は全国で14人が表彰を受けた。「昭和29年に海上自衛隊ができたが、当時の自衛隊は石を投げられたりするので、制服を着て外も歩けなかった」と戦後間もない時代を語る。そんな中、高等学校や会社を回り、自衛隊についての説明や相談、ポスター掲示をしたりと誰よりも精力的に活動してきた。

 ○…17歳5ヵ月で志願して海軍に入隊した。「国のため、家族のためと思い、燃えていたね」。横須賀海軍航空隊に配属され、内地を守る任務についた。明日死ぬかもしれない状況下にあっても、不思議と怖さは感じなかったという。「国を守る」という純粋な使命感が、死の恐怖を麻痺させていたのかもしれない。だからこそ、終戦の報は衝撃的だった。「喜びなんて一つもなかった。ただ呆然としていた」と振り返る。

 ○…戦後になっても、愛国心は揺らぐことはなかった。「日本をよくしなきゃいけない」という一心で、昭和25年頃からボーイスカウトの指導を始める。そして、区内にボーイスカウト8個団、ガールスカウトを3個団と次々に設立していった。「国を良くするには、青少年教育が大切だと思った」。団長として渡米した経験を持つほか、日本連盟の役員として運営面でも深く関わってきたという。

 ○…「街の先生」として、昭和初期から戦後にいたるまでの戦争体験などを語り継ぐ活動も。取材中も東京裁判を傍聴した話や、海軍の裏話など興味深い話が次々と飛び出す。こうして昔を語るのは、その良さを伝えたいから。「最近は自分のことしか考えない人が増えた。気概がない」と日本を一喝。座右の銘を「忠誠」だと語る「昭和の男」は、今も変わらず国の行く末を案じている。
 

3/17・18 春まつり開催 

ミニ新幹線ドクターイエロー乗車体験、美味しいグルメ&ゲーム、菜の花大作戦も

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/kanazawa

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

深浦 茂晃さん

金沢区災害ボランティアネットワークの代表として区民の防災意識向上を図る

深浦 茂晃さん

3月15日号

橋本 藤子さん

NPO法人横浜金沢文化協会の事業部長で3月10日に行われる「かるた大会」の企画・運営に尽力する

橋本 藤子さん

3月8日号

小笠原 伸一さん

法人設立1周年を迎えた里海イニシアティブの代表理事を務める

小笠原 伸一さん

3月1日号

佐藤 孝明さん

杉田地区スポーツ推進委員連絡協議会会長で杉田マラソンの大会実行委員長を務める

佐藤 孝明さん

2月22日号

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 雑木林で「動物似顔絵」探し

    金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん)

    雑木林で「動物似顔絵」探し

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    3月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク