金沢区・磯子区版 掲載号:2019年2月28日号
  • LINE
  • hatena

マイクロプラスチック 野島海岸で最多検出 山口さん(能見台在住)が独自調査

社会

調査した山口さん
調査した山口さん

 20年以上にわたり海岸漂着ごみを研究している防衛大学名誉教授の山口晴幸さん(70/金沢区能見台通在住)は、2年かけて関東沿岸54ヶ所の海岸でマイクロプラスチックの実態を調査した。その結果、1m四方に500個以上を検出した海岸が9か所。うち、最多は金沢区の野島海岸南側だった。

 マイクロプラスチックは漂着ゴミが波風や紫外線などで劣化・破砕して5mm以下に細片化されたもの。近年、新たな海洋汚染因子として国際的に問題視されている。

 山口さんは2016年6月から18年6月まで、相模湾沿岸から東京湾沿岸、南外房沿岸にいたる関東海岸域を独力で調査。神奈川県37、東京都2、千葉県15の海岸を対象とした。

 調査方法は、各海岸で1平方メートルの調査枠を設定し、木くずや海藻類を大まかに除去。大きな廃プラスチック破片を分けた後、砂浜の深さ2cm程度の表層部分をかき集めて5mmのふるいに通す。通過物を水に入れ、浮遊した物質を回収し天日乾燥した後、目視でピンセットでマイクロプラを抽出した。

 各海岸で設定した1m四方の調査枠から検出したマイクロプラの総量は2万9852個。500個以上検出された海岸は、東京湾沿岸で4か所、相模湾沿岸で5か所だった。そのうち野島海岸南側は最も多く、1万2950個。一方、人工海岸である近隣の海の公園海岸は126個だった。

 山口さんは「浦賀水道の出入り口周辺や流路沿いに検出量が多い海岸が散在していた。ごみが滞留しやすいのでは」と推測する。また92年にオープンした海の公園との違いについて言及。今でこそ、ビーチクリーンなどの清掃活動が活発になったが、70〜80年代に急増したプラスチックごみが、劣化・粉砕して細かくなり、堆積している可能性も高いという。

 プラスチックは種類にもよるが、分解に約400年かかるといわれる。山口さんは「海洋に出たプラやマイクロプラの回収は実質不可能。プラを全部をやめる必要はないが、賢く利用して減らしていかないと」と警鐘を鳴らす。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

家庭連絡にICT活用へ

市立学校

家庭連絡にICT活用へ

4月18日号

創学館 強豪制し初優勝

チアダンス全国大会

創学館 強豪制し初優勝

4月18日号

「発展に向け、躍動する年に」

市会、現職が議席守る

統一地方選金沢区・磯子区

市会、現職が議席守る

4月11日号

学生考案ラーメン販売

京急電鉄×関東学院大

学生考案ラーメン販売

4月4日号

地元2社が実践賞

横浜環境活動賞

地元2社が実践賞

4月4日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク