金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

郊外暮らしの課題解決へ 産学官で検討会立ち上げ

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
検討会メンバーでまち歩きも
検討会メンバーでまち歩きも

 横浜市立大学と京浜急行電鉄、横浜市は5月8日、「はまっこ郊外暮らし検討会」を立ち上げた。当日はまち歩きや検討会を実施。空き家などを活用した郊外の魅力を生かす新たな暮らし方を産学官連携で考え、具体化に向け取り組んでいくという。

 横浜市大、京急電鉄、横浜市(金沢区)の3者は2016年度から「空き家利活用プロジェクト」と題し、空き家を有効に利活用する仕組み構築に取り組んできた。

 金沢区は1960年代以降、郊外住宅地としての開発が進んだ。その時代に移り住んできた世代の高齢化や、その子ども世代の都市部への移住などで空き家が増加傾向にある。こうしたことから、3者はそれぞれ、「郊外住宅地の暮らしの検討」や「郊外を含む沿線地域の魅力向上」の必要性を共通認識として持っていた。今回の検討会では3者に加え、リクルート住まいカンパニーの池本洋一さんやR不動産の吉里裕也さんら不動産専門家もメンバーとして参加。産官学連携の多様な視点から「郊外の暮らし」を考えていく。

 第1回目となった8日は能見台周辺を歩き、町の現状を視察。その後バスに乗り、釜利谷や高舟台、西柴などを巡った。さらに、横浜市大に場所を移し、検討会を実施。横浜市や金沢区の現状、京急電鉄や横浜市大の取り組み事例が発表された。

 京急電鉄の担当者は「幅広い知見が得られる貴重な機会。様々な事例紹介から各町に活用できるようなヒントをいただければ」と期待を込める。実家が栄区庄戸にあるというR不動産の吉里さんは、「郊外が抱える課題は自分ごと。市、大学、企業が参画する特殊性を生かし、何とか解決の手立てを見つけていきたい」と話した。

新しい暮らし提言へ

 検討会は年6回の開催予定。目指す成果イメージは、郊外にある空き家などを子育て世帯、若者が住みたくなるような暮らし方やそのための住まいのプランを考え、提示することだ。その住まいを推進するために必要なことなどを社会に示すことを目指す。最終回となる3月には、フォーラムなどを開催し、郊外をキーワードにした若者世代の新たな暮らし方を提案できればという考えだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

公会堂で初の朗読公演会

洲崎町在住橘さん

公会堂で初の朗読公演会 文化

多彩なジャンル 15組が出演

6月13日号

国交大臣賞を受賞

金沢八景まちづくり協議会

国交大臣賞を受賞 社会

駅周辺のまちづくりに貢献

6月13日号

NHK杯で準優勝

釜利谷高ボウリング部菅野選手

NHK杯で準優勝 スポーツ

アマ日本一の座に肉薄

6月6日号

模索10年で組織化

お助け隊なみき

模索10年で組織化 社会

日常の困りごとに対応

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

金沢高2選手が優勝

陸上県総体

金沢高2選手が優勝 スポーツ

100m・安田選手 砲丸・木村選手

5月30日号

運営方針を公表

磯子区金沢区

運営方針を公表 社会

子育て支援、防災など強化

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク