金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

郊外暮らしの課題解決へ 産学官で検討会立ち上げ

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
検討会メンバーでまち歩きも
検討会メンバーでまち歩きも

 横浜市立大学と京浜急行電鉄、横浜市は5月8日、「はまっこ郊外暮らし検討会」を立ち上げた。当日はまち歩きや検討会を実施。空き家などを活用した郊外の魅力を生かす新たな暮らし方を産学官連携で考え、具体化に向け取り組んでいくという。

 横浜市大、京急電鉄、横浜市(金沢区)の3者は2016年度から「空き家利活用プロジェクト」と題し、空き家を有効に利活用する仕組み構築に取り組んできた。

 金沢区は1960年代以降、郊外住宅地としての開発が進んだ。その時代に移り住んできた世代の高齢化や、その子ども世代の都市部への移住などで空き家が増加傾向にある。こうしたことから、3者はそれぞれ、「郊外住宅地の暮らしの検討」や「郊外を含む沿線地域の魅力向上」の必要性を共通認識として持っていた。今回の検討会では3者に加え、リクルート住まいカンパニーの池本洋一さんやR不動産の吉里裕也さんら不動産専門家もメンバーとして参加。産官学連携の多様な視点から「郊外の暮らし」を考えていく。

 第1回目となった8日は能見台周辺を歩き、町の現状を視察。その後バスに乗り、釜利谷や高舟台、西柴などを巡った。さらに、横浜市大に場所を移し、検討会を実施。横浜市や金沢区の現状、京急電鉄や横浜市大の取り組み事例が発表された。

 京急電鉄の担当者は「幅広い知見が得られる貴重な機会。様々な事例紹介から各町に活用できるようなヒントをいただければ」と期待を込める。実家が栄区庄戸にあるというR不動産の吉里さんは、「郊外が抱える課題は自分ごと。市、大学、企業が参画する特殊性を生かし、何とか解決の手立てを見つけていきたい」と話した。

新しい暮らし提言へ

 検討会は年6回の開催予定。目指す成果イメージは、郊外にある空き家などを子育て世帯、若者が住みたくなるような暮らし方やそのための住まいのプランを考え、提示することだ。その住まいを推進するために必要なことなどを社会に示すことを目指す。最終回となる3月には、フォーラムなどを開催し、郊外をキーワードにした若者世代の新たな暮らし方を提案できればという考えだ。
 

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月17日号

建築新人戦で最優秀賞

関東学院大長橋さん

建築新人戦で最優秀賞 教育

変幻自在な住まいを提案

10月17日号

「55年経て、再び聖火を」

大道在住佐藤さん

「55年経て、再び聖火を」 社会

大病乗り越え走者目指す

10月10日号

治療と仕事の両立を支援

横浜市大付属病院

治療と仕事の両立を支援 社会

病気による離職を抑制

10月10日号

2校の「富岡中」が交流

2校の「富岡中」が交流 教育

地名縁に金沢区から福島へ

10月3日号

被災乗り越え開催へ

AozoraFactory

被災乗り越え開催へ 社会

「こんな時だから活気を」

10月3日号

有志ボランティアが活動

金沢区産業団地

有志ボランティアが活動 教育

市内外から 被災企業を支援

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク