港南区・栄区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

田谷の洞窟保存実行委 CF(クラウドファンディング)で活動費募る 「調査機材が必要」

文化

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena
同会のクラウドファンディングのサイトhttps://camp-fire.jp/projects/view/221069
同会のクラウドファンディングのサイトhttps://camp-fire.jp/projects/view/221069

 地元の貴重な史跡の保存に協力を--。「田谷の洞窟保存実行委員会」が同洞窟の保存活動の資金を募ろうと、インターネットを活用したクラウドファンディングを始めた。「洞窟を守るためには、地域の里山を守らなければならいない」と訴える。

 田谷の洞窟は、栄区田谷町の定泉寺の境内にある。諸説あるが、同会によると、800年前の鎌倉時代から僧侶が掘り進めたとされる全長570メートルの巨大な地下伽藍(修行窟)。壁面各所に仏像や生き物、梵字の曼荼羅(まんだら)などがレリーフ状に彫られているのが大きな特徴。

 1990年に横浜市の地域史跡に登録されたが、近年は劣化が進んでいるという。2015年から保存に向けた活動が始まり、2017年には専門家や研究者、地域住民らで構成する「田谷の洞窟保存実行委員会」が設立された。

 全国の研究者らに呼びかけ、東京大学や埼玉大学、北海道大学、横浜国立大学の研究グループの協力を得ることができた。これまで内部の3次元データ化や画像データの撮影が進み、イタリア国立研究機関との共同研究も行われている。

 また地元の千秀小学校の児童の協力で模型資料も作成し、地理情報システム学会の表彰では国土交通大臣賞を受賞した。

里山を守ることが重要

 同会がクラウドファンディングを行うのは2回目。3月2日までに50万円を目標に実施する。集めた資金は、撮影機材などの調査機材の購入や実行委員会維持のための経費のほか、プロジェクトや報告会などの経費に充てたい考え。

 同会の田村裕彦委員長によると、これまでの調査から巨大な地下空間を守るためには地上の里山を守ることが大切だという。洞窟の天井と地表との間が薄い部分があるため、樹木の根によって天井の亀裂や剥離の可能性があると指摘する。

 田村委員長は「里山を守り、管理することは経済的にも成立しなければならない。そのために人材育成や全体の地域づくりの視点を入れながら活動に取り組んでいきたい」と話している。

2/7家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

救急搬送に安全バンド発案

芹が谷消防出張所

救急搬送に安全バンド発案 社会

コンテストで優秀賞

3月26日号

栄区、上昇に転じる

公示地価

栄区、上昇に転じる 社会

港南区は上昇も伸び率減

3月26日号

ひぎりの50年を写真で

ひぎりの50年を写真で 社会

港南区役所にパネル展示

3月19日号

旧港南工場敷地に決定

市南部病院移転先

旧港南工場敷地に決定 社会

2027年の開院へ

3月19日号

街の魅力&危険をマップに

港南台

街の魅力&危険をマップに 社会

住民目線の情報を共有

3月12日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク