中区・西区版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

感謝を胸に走り続けるゴールゲッター YSCC(横浜スポーツ&カルチャークラブ) フォワード  辻正男さん

スポーツ

1987年生まれ藤沢市出身。法政二高、法政大を経て09年YSCCに入団。スピードに乗ったドリブル突破が武器
1987年生まれ藤沢市出身。法政二高、法政大を経て09年YSCCに入団。スピードに乗ったドリブル突破が武器

大舞台でゴール

 昨年12月、悲願のJFL昇格を決めたサッカークラブYSCC(横浜スポーツ&カルチャークラブ)。背番号11を背負い、エースとして活躍が期待されている。

 4チームが昇格を賭けて争った全国地域リーグ決勝大会決勝ラウンド。2日目のSC相模原戦は、雨中の決戦となった。後半11分、味方が中盤でボールを奪うとMF吉田明生選手にボールが渡る。その瞬間だった。「今季何度もあった形。必ずパスが来ると思いました」。武器であるスピードを活かしスペースへ走りこむと、絶妙なタイミングのスルーパス。ワンタッチでゴールへと流し込んだ。「チームの集大成と言えるゴール」で貴重な先制点を上げ、昇格を大きく引き寄せた。

「人間として成長できた」

 出身は藤沢市。法政二高から法政大に進むも、3年生まではケガに泣かされ、思うようなプレーはできなかった。しかし4年生でレギュラーを掴むと、才能が開花。夢だったプロも目の前だったが「自分自身の取り組みも中途半端。プロでやれる自信はなかった」。卒業後はYSCCで競技を続ける道を選ぶ。バイトをしながらのプレーだったが、JFLという夢を追うチームメイトや指導者、スタッフに出会い「甘さが消えて、何より人間として大きくなれた。このチームを選んだことは正解だった」。

 今はより高い舞台での戦いに気持ちが高ぶる。「こういう試合がしたくてサッカーをやっている」と競技への情熱を改めて感じた。その一方で「もっとゴールのパターンを増やさないとJFLでは通用しない」と冷静に課題を口にする。

 昨年から都内の証券会社で働く。当然練習の時間も限られるが、だからこそ感じるものがある。「同僚や上司が会社にチームのポスターを貼って、応援してくれています。家族や友人、様々な人の支えを、今は本当にありがたく感じています」。その感謝をかたちにするために「ゴール」を狙い続ける。
 

「棋士・羽生善治さんの『才能とは努力を継続できる力』という言葉が好き」
「棋士・羽生善治さんの『才能とは努力を継続できる力』という言葉が好き」

中区・西区版のローカルニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク