中区・西区版 掲載号:2012年4月5日号
  • googleplus
  • LINE

第33回ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞した 浜野 謙太さん 戸塚区出身 30歳

自由におもしろさを追求

 ○…「大好きな作品で評価されたこと。しかも地元横浜の映画祭っていうところが、すごく幸せだなって思います」。女優・吉高由里子と共演した恋愛コメディー映画『婚前特急』。関内ホールで開催された第33回ヨコハマ映画祭でその演技が評価され、最優秀新人賞を受賞した。「僕自身は普通の人間なんだけど、それをおもしろいものにしてくれる現場が楽しくて。毎日刺激を受けています」。ドラマや映画、バラエティーなど、俳優・タレントとしての活躍目覚しいここ数年の充実ぶりが、言葉に漂う。

 ○…愛称「ハマケン」で親しまれるミュージシャンとしての顔が本業。「音楽家としての視点は、どの映像の現場に行っても大事にしようと思っています」。トロンボーンを担当する「SAKEROCK」、リーダー、ボーカルを務める「在日ファンク」など複数のバンドで活躍。「いろんなことに手を出して、それが同じように忙しくなってきた感じ。あちこちで小銭稼いでいる奴って感じですよね」と笑う。メディアやステージでのコミカルな振る舞いとは対照的に、ゆっくりと言葉を選びながら話す姿が印象的だ。

 ○…戸塚区出身。中学校の吹奏楽部時代に「妥協で選んだ」というトロンボーンだが、高校、大学、現在までのどのステージでも、目立ちたがり屋な自己形成のパートナーになってきた。自由におもしろいことを追求し続ける姿を、家族も応援してくれているという。「最近、僕の育ての親を名乗る人物が地元に増えてきたらしいです」。高まってきた知名度や活躍ぶりを表すエピソードに顔をほころばせた。

 ○…これから何者になっていきたいのか。「自分でもよくわかっていないんです。でもどの現場でも、お客さんにおもしろいものを見せるっていう役割を果たせたら」。小柄な身体にギュッとつまったエネルギーと才能が、ますます溢れ出していきそうだ。
 

中区・西区版の人物風土記最新6件

栗原 清剛さん

浅間台小で行う環境学習が文部科学省から表彰された、(有)マルニ商店常務の

栗原 清剛さん

2月1日号

加瀬 泰さん

横浜市民ミュージカルの原作である短編映画『アクアの肖像』を手がけた

加瀬 泰さん

1月25日号

黒沢 博さん

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと

黒沢 博さん

1月18日号

六川 光さん

「生たまご生プリン」が県名菓展菓子コンクール最優秀賞に輝いた

六川 光さん

1月11日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月4日号

林  博さん

5日に誕生50周年を迎える『伊勢佐木町ブルース』。その歌碑建立に奔走した

林 博さん

1月1日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

銭湯の歴史を読み解く

企画展

銭湯の歴史を読み解く

開港資料館で31日から

1月31日~4月22日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク