中区・西区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で中区長の任に就いた 三上 章彦さん 金沢区在住 56歳

福祉に厚く区民にも熱い

 ○…市入庁31年目、これまで福祉や子育て分野に長く携わってきた。前任の3年間は待機児童対策に尽力し、部長でありながらも現場に出向くなど、仕事への情熱は人一倍だ。

 ○…最初の一歩は、戸塚区役所の保険年金課。国民健康保険の業務を経て、保土ケ谷の保健所や「地域ケアプラザ」の整備などを担当してきた。一時は、庁内選抜の10人で構成された行革特別チームに席を置いたことも。待機児童の改善にあたっては、保育園の新設と並行して既存施設への定員拡充を担当した。「飛び込みで保育園を回りましたよ。夏なんか汗だくで」と苦笑い。「やっぱり自らが出向くことで、園の方も話を聞いてくれる」

 ○…横浜市の中心に位置する中区。都会気質という先入観ははからずも裏切られたようだ。「『中区民』としての誇りと愛着を強く感じた。横浜のイメージを担う中区の住民は、そのイメージに対する責任感が強い」。区役所職員については、「地域の方と打ち解けて話している姿を良く目にする。ある程度、信頼関係ができているようだ」と分析する。

 ○…大学生の頃は、編集者志望だった。50倍の狭き門を突破し出版社に内定するも、家族の看護などの事情から辞退。その後、公務員の道を選んだ。26歳で結婚、妻は編集者として現在も現役だ。「妻は若いころから忙しいんですよ。夜も遅い」と、家では気晴らしに料理に腕を振るう。18番は、煮込みハンバーグにアジの南蛮漬けという。妻につられて今や数匹の愛猫と生活をともにする。また小説から実務書に至るまで、年間350冊も購入する愛読家でもある。

 ○…「去年より今年、今年より来年と、一歩ずつ暮らしやすい中区にしていきたい」と意気込みを語る。「まずは、市民と行政がともに手を携えて防犯や防災、子育て支援などを進めていけるよう、環境整備に力を入れていく」と目標設定は明確だ。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版の人物風土記最新6件

大塚 眞司さん

県内オリジナル酒の即売会を主催した横浜酒販協同組合の理事長を務める

大塚 眞司さん

3月22日号

福山 葉子さん

今年で開館40年を迎える「大佛次郎記念館」館長を務める

福山 葉子さん

3月15日号

中西 規真(のりまさ)さん

あす開幕戦を戦うサッカーJ3・YSCCのチームキャプテンに今季就任した

中西 規真(のりまさ)さん

3月8日号

山本 紀男さん

防犯のつどいを主催するNPO法人FBIの理事長を務める

山本 紀男さん

3月1日号

上田 ますみさん

東日本大震災復興支援コンサート「ふるさとをあきらめない」の実行委員会代表を務める

上田 ますみさん

2月22日号

小松崎 啓子さん

浅間台小学校で育つ夏みかんを使い、児童とのマーマレード作りを20年続ける

小松崎 啓子さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク