中区・西区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

広報よこはま西区版で「温故知新!西区てくてくスケッチ」を担当するイラストレーターの 鈴木 太郎さん 西区久保町在住 74歳

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena

スケッチに込めた街への想い

 ○…毎年3万人以上の人でにぎわう西区民まつりで、

毎年人気の西区文化協会による似顔絵作成ブース。一人ひとり心を込めて描くこと約15年。「みんな良い顔しているよね。今年も多くの人に喜んでもらえたら」と目を細める。

 ○…区民の中には広報よこはま西区版で「てくてくスケッチ」を描いている人と言えばわかる人も多いのでは。西区の温故知新をテーマに、区内スポットを温かみのあるイラストと文章で伝える人気コーナー。タイトル通り、車窓からでは分からない、歩いてこそ見えてくる風景を描く。細かな描写やその場の雰囲気のほか、必ず現地で出会った人々を登場させるのがこだわりで、皆の笑顔が印象的だ。「楽しんでいる家族とか、人々の笑顔を描くことでイキイキしてくる。たまに、私自身や家族も登場しているよ」と笑う。

 ○…伊勢佐木町生まれで、戦後4歳の時に親が久保町で菓子小売屋を開くために移り住む。西前小、西中から横浜商業高校へ。小学生の頃、「鉄腕アトム」や「イガグリくん」が好きで漫画を描くことに夢中になった。就職してからも漫画家の夢を諦めきれず、専門学校に通ってその道へ。転機となったのは1970年の日本万国博覧会(大阪万博)。人の賑やかさや新しいものが好きで、1カ月間通い続けた。そこで描いたスケッチマンガ本を自費出版したところ朝日新聞社の目に留まり、同紙神奈川特集版で17年間にわたり「てくてくスケッチ」を掲載。これまで日刊紙やスポーツ紙、PR誌などでスケッチマンガや一コママンガなどを描き続けてきた。

 ○…久保町で親が店を営んでいた場所を事務所として22年。「この商店街に育ててもらったようなもの。西区は横浜駅周辺やみなとみらいだけでなく、人情に厚い、こんな下町もある。これからもそんな風景を伝えていけたら」。スケッチに描かれているような優しい笑顔がそこにあった。

中区・西区版の人物風土記最新6

坪井 裕平さん

NPO法人よこはま観光資源開発の代表理事を務める

坪井 裕平さん

中区宮川町在住 53歳

1月20日号

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月13日号

崔 成基(チェ ソンギ)さん

(一社)横浜青年会議所の第71代理事長に就任した

崔 成基(チェ ソンギ)さん

中区山手町在住 38歳

1月6日号

沼尻 竜典さん

2022年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める

沼尻 竜典さん

東京都在住

1月1日号

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

吉田町の巨大壁画を制作した

Kensuke Takahashiさん(本名:高橋憲助さん)

磯子区在住 44歳

12月16日号

江原 由美子さん

磯子区森の一般社団法人神奈川人権センターの理事長を務める

江原 由美子さん

西区在住 69歳

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook