中区・西区版 掲載号:2017年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

横浜駅直結ルミネ6F 花粉症対策は早めに 土日祝も診療 「よこはま駅ビル眼科」

 目のかゆみや充血、目やに、腫れ、ゴロゴロ感など、「『花粉症』によるアレルギー性結膜炎は早期からしっかり点眼することで、快適に過ごせます。症状が悪化する前に必ず専門医に相談を」と話すのは、ルミネ横浜6F『よこはま駅ビル眼科』の熊谷院長。20分でスギやハウスダストなど、8項目の原因を調べる「指先採血の簡易検査」も希望に応じて行っている。

 また新学期にあわせてコンタクトデビューをする際には十分な注意が必要だ。「眼科で検査を受けずにコンタクトを買う人が増えていますが、花粉の時期と重なりトラブルの原因に。視力の調整には専門性が必要です。目の状況は年齢や環境と共に変化しているので、最近見えづらいなどあれば再検査を。何でもお気軽にご相談下さい」と院長。国家資格を持つ視能訓練士や経験豊富なスタッフが、精度の高い検査を行う。

40代以上は緑内障検査を

 40代以上に増える「緑内障」は自覚症状がほとんどないまま徐々に視野が失われてしまうため、定期検査による早期発見・治療が重要となる。同院では緑内障をいち早く検出できる「自動視野計」を導入。検査時間が短く、楽な姿勢で受けられるとシニアにも好評だ。

 きめ細やかな診察と話し易さは女性医師ならでは。加齢による網膜疾患に悩む年配者から小児眼科まで、眼底カメラやOCTなど総合病院並みの設備で幅広い症状に対応してくれる。 

 携帯電話待ち時間確認サービスで、買い物や食事での外出や仕事中の受診も可能。すべて保険診療。

負担の少ない自動視野計を導入
負担の少ない自動視野計を導入

よこはま駅ビル眼科

横浜市西区高島2-16-1ルミネ横浜6階

TEL:045-595-9497

http://www.yokohamaganka.com

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6件

出版への第一歩を

相鉄線「南万騎が原」徒歩1分

9月26日予約見学会

相鉄線「南万騎が原」徒歩1分

9月13日号

秋彼岸に考える「家族墓」

真照寺「磯子聖地」

秋彼岸に考える「家族墓」

9月13日号

「所有の不動産買います」

ウスイホーム杉田店

「所有の不動産買います」

9月13日号

元国税職員の無料相談会

弁護士らによる無料相談会

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク