中区・西区版 掲載号:2017年10月26日号 エリアトップへ

ぬいぐるみで「旅」気分 病気など外出困難者の支援にも

文化

掲載号:2017年10月26日号

  • LINE
  • hatena
活動のきっかけになったぬいぐるみを手に小塚さん
活動のきっかけになったぬいぐるみを手に小塚さん

 関内桜通りにアトリエを構える「NPO法人日本ぬいぐるみ協会」=中区相生町=では、ぬいぐるみを預かって持ち主の代わりに旅行に連れて行くという一風変わった活動を行っている。旅先の様子は思い出の写真として持ち主に渡されるほか、時にはSNSなどを通じてリアルタイムに発信。「まるで自分が旅をしているみたい」「どこに連れて行ってもらえるかワクワクする」。理事長を務める小塚晴美さん(49)=都筑区=は、そんな嬉しい声を支えに活動を続けている。

 ぬいぐるみの旅は、会社員として多忙な日々を送っていた小塚さんが2002年に愛犬2匹をモデルにしたぬいぐるみを作り、「自分の代わりに旅行に連れて行って」と自身のホームページで呼びかけたことが始まり。すぐに反響があり、それから15年の間、見知らぬ人々の協力により2匹は24都道府県世界32カ国を旅したという。「自分はもちろん、預かった人からも『楽しかった』という声を沢山もらって」。ぬいぐるみを通じて交流の輪も広がった。この活動が社会貢献につながると思い、13年にNPOを設立。現在は、病気や障がいなどで外出が困難な人たちのための応援プロジェクトやぬいぐるみの里親探しなども行っている。

 ぬいぐるみの旅の参加費用は3300円から。預かる側の「ホストファミリー」になるためには入会が必要だ。10月27日からぬいぐるみ付のお試しセット(4千円)を販売する。「自分のぬいぐるみを他の人が可愛がってくれる様子は何ともいえず嬉しく不思議な感覚。ご自身の楽しみやプレゼントにもぜひ」と小塚さん。詳細は同協会HPか【電話】045・534・9335。
 

旅先のぬいぐるみたち(横浜港・南区の細田みかほさん提供)
旅先のぬいぐるみたち(横浜港・南区の細田みかほさん提供)

中区・西区版のトップニュース最新6

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

「つながり、元気づくりを」

中区長インタビュー

「つながり、元気づくりを」 政治

組織を越え、街一体で

1月6日号

イベント再開に意欲

西区長インタビュー

イベント再開に意欲 政治

対話激減に危機感

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook