中区・西区版 掲載号:2018年2月22日号
  • LINE
  • hatena

学童保育 運営道のり険し 補助金増も財政厳しく

教育

 放課後の小学生が過ごす居場所の一つ「学童保育」の運営者に対し、市は2018年度、補助金を増額する予算を組んだ。しかし、条例によって場所の移転を迫られ、財政難の施設も多く、運営者側からは「補助金が増えても運営は苦しい」という声も聞こえる。

 市が「放課後児童クラブ」と呼ぶ学童保育は日中、保護者が不在の小学生が放課後を過ごす遊び、生活の場所。地域住民らによる運営委員会やNPO法人などが運営。場所は民家やマンションの一室を借りるケースが多く、「家で過ごすような雰囲気」が特長。

利用者1万700人

 現在は225カ所あり、市こども青少年局によると、17年4月時点で約1万700人が利用し、この数年は横ばい。利用料はクラブによって異なるが、平均で1カ月1万7200円。

 市は利用者数に応じて補助金を出している。月〜土曜日に開所し、利用者が41〜80人のクラブには17年度、年間約711万円を支給。18年度は放課後の居場所充実を目指し、約770万円に増額する予定。現在、この人数規模のクラブは約110カ所ある。

基準変更が追い打ち

 学童施設は、国の基準に基づき、市が15年度に定めた条例で、児童1人につき、1・65平方メートルのスペース確保や耐震基準を満たす必要があり、20年3月末までにこれをクリアしなければいけない。約100カ所が対象で、場所の移転や分割を迫られている。条件を満たす場所に移転、分割をすると、通常は上限月額15万円の家賃補助が20万円に増える。

 これに対し、学童指導員や保護者らで構成される横浜学童保育連絡協議会は「面積、耐震の基準を満たし、家賃20万円の物件はなかなか見つからない」と話し、財政面から移転先が確保できないクラブが多い。同協議会は「基準を満たせなければ、定員を削減しなければならない」と話す。

 市は学校施設を使う「はまっ子ふれあいスクール」を20年3月末までに「放課後キッズクラブ」へ転換する事業を進めており、学童とキッズクラブを放課後の居場所の二本柱にする。同協議会は「キッズクラブが増えれば学童利用者が減るのでは」と危惧する。人手不足の悩みもあり、補助金増額を歓迎しつつも、「苦しい状況は続く」としている。

中区・西区版のトップニュース最新6件

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク