中区・西区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

横浜駅西口 鶴屋町歩道橋に愛称 歩道橋命名権 鶴見の産婦人科が取得

社会

愛称が掲げられた鶴屋町歩道橋
愛称が掲げられた鶴屋町歩道橋
 横浜駅西口ロータリーにつながる神奈川区鶴屋町3丁目交差点の「鶴屋町歩道橋」が、このほど「鶴屋町クレインズ歩道橋」と名付けられた。鶴見区の医療法人皓慈会(こうじかい)浅川産婦人科医院が歩道橋としては市内初の導入となる命名権(ネーミングライツ)を取得したもの。

 市のネーミングライツは「日産スタジアム」「はまぎんこども宇宙科学館」といった大規模施設等が主で、歩道橋は初。市道路局が資産活用の視点などから導入を決め、収入は維持管理費に使われる。今回試行として、鶴屋町と長津田駅北口=緑区=の2カ所でスポンサーを募集していた。

 契約期間は2018年4月1日から23年3月31日までの5年間で、金額は年36万円。

子宮がん受診率向上に

 今回の愛称は、「鶴見」と「鶴屋町」から鶴をとり、英語のクレインとして名付けた。歩道橋内には、同医院のロゴマークと愛称が書かれたプレート(縦26cm×横140cm)を計5カ所に設置。交通事故発生の危険性などを考慮し、歩行者側のみに取り付けられた。

 同医院の浅川恭行理事長は、命名権取得について「地域貢献の一環」とした上で、子宮がんの受診率を理由に挙げる。

 横浜市の同受診率は、全国平均の23・3%よりも高いものの、28・8%と3割に満たない(2015年度現在)。市内初の歩道橋ネーミングライツを起爆剤として、受診率を上げる運動につなげたい考えを示す。

中区・西区版のローカルニュース最新6件

神社の小麦で「サブレ」

パン、菓子の「本牧館」

神社の小麦で「サブレ」

10月18日号

創業60年目に本館新装

タウンBiz経済ニュース

創業60年目に本館新装

10月18日号

食べきれない料理持ち帰りを

食品ロス削減推進

食べきれない料理持ち帰りを

10月18日号

幻のオオハラホール知っていますか?

横浜港の四季折々を楽しむ

横浜港振興協会

横浜港の四季折々を楽しむ

10月18日号

「プリキュア」みなとみらいに

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク