中区・西区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

みなとみらい線新高島駅 現代アートの新拠点に 「BankART Station」誕生

文化

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
使われていなかった駅構内の倉庫を改装した
使われていなかった駅構内の倉庫を改装した

 みなとみらい線の新高島駅構内地下1階にあった約1000平方メートルの倉庫が、横浜市の提供する文化芸術の創造界隈拠点「BankART Station」として整備され、2月8日にオープンした。2018年に終了した「BankART Studio NYK」の後継となる。

 施設を運営するのは特定非営利法人BankART1929(池田修代表)。現代アートの展示のほか、創作活動や交流の拠点としても使われる。隣接する地下通路の一部も、映像投影などができるアートスペースとして利用される。

 同法人は2004年に発足。旧第一銀行横浜支店(現・YCCヨコハマ創造都市センター)や日本郵船(株)の元倉庫などを拠点に、横浜トリエンナーレの関連イベントなども実施してきたが18年3月で閉鎖。その後中区相生町に新たな拠点としてアート・建築系カフェショップの「BankART Home」を開設した。

MM線軸に施設を分散

 新高島の施設に先立ち、2月1日には中区山下町のシルクセンター内にギャラリー「BankART SILK」がオープン。みなとみらい線沿線の新高島から山下町にかけて、3つの芸術拠点が分散することになった。新旧市街地の往来を意識したというBankARTの池田代表は「3つの場所それぞれで関わってくる人も違ってくる。周りの状況に反応しながらやっていきたい。みなとみらいの企業とも一緒に取り組めれば」と語った。3月には第1弾として、東急東横線廃線跡の高架下のR16スタジオと合同の企画展を行うという。
 

開所セレモニーで乾杯する池田代表(左)
開所セレモニーで乾杯する池田代表(左)

中区・西区版のトップニュース最新6

篤志家の思い継ぎ本出版

本牧三之谷丹羽さん

篤志家の思い継ぎ本出版 文化

戦後の地元記事、一冊に

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

企業、人の交流で関内活性化へ

企業、人の交流で関内活性化へ 経済

駅直結のシェアオフィス開業

6月6日号

寿町に新拠点が開設

寿町に新拠点が開設 社会

会館再築、健康・福祉を強化

6月6日号

テロ災害想定し訓練

JR横浜駅

テロ災害想定し訓練 社会

西消防署など多機関で連携

5月30日号

改修工事が完了

県立音楽堂

改修工事が完了 文化

6月1日に再始動へ

5月30日号

横浜駅西口で認知症カフェ

横浜駅西口で認知症カフェ 社会

行政、地域、企業がタッグ

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク