中区・西区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

夢見た世界の頂点に 本牧拠点のチアチーム

スポーツ

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
優勝記念のフラッグを持ち記念撮影するメンバー
優勝記念のフラッグを持ち記念撮影するメンバー

 中区本牧が拠点の小学生〜高校生チアリーディングチーム「ドルフィンスターズ」がアメリカフロリダ州で開かれた世界大会「The SUMMIT」で優勝。初出場で大会名の通り、世界の頂点に立った。

 同チームは10歳から16歳で構成される「インターナショナルジュニア」部門にエントリー。日本やアメリカのほか、カナダやドイツ、オーストラリアなど各国の大会で好成績を残した65チームが参加。2分30秒の規定時間の中で、技術やチームの一体感などを競った。

 同チームにとっては初めてとなる海外の大会。試合会場の床は「スプリングマット」と呼ばれる日本の会場よりも弾力性のある素材が使われており、スタンツ(組体操)時の身体の使い方など、国内大会と異なる点も多かった。

 そのため大会前日の5月1日には現地チームのクラブハウスを借りて練習。身体の感覚を慣れさせる工夫を行った。

予選・決勝ともにノーミスで首位

 予選から決勝に進めるのは上位20チーム。ドルフィンスターズは8番目と採点競技では不利と言われる序盤の出番だったが、ミスのない演技で1位通過。翌日の決勝に進んだ。

 迎えた3日の決勝。トップで通過した同チームの演技順は最後だ。日本から参加した他チームからの声援も受けつつ、息の合ったフォーメーションでの開脚ジャンプやスタンツなど、決勝の舞台でもノーミスで堂々と演技した。結果発表の瞬間、ドルフィンスターズの名が呼ばれると共に争った別のチームからも祝福を受けた。

 100点満点中96・7778の高スコア。大会の公式HPでも「陽気さ、素晴らしいテクニック、しっかりしたスキルで私たちを驚かせた」とたたえられた。

 世界一を目標に3年前チームを立ち上げた代表の長谷裕子さんは「チームワーク作りを常に心がけていた中で、年長の子が下の子をサポートしながら環境が異なる中でもパフォーマンスを発揮できたのが良かった。こんなに早く達成できるとは」と心境を述べた。主将の田村明莉さん(高校2年)は「まずは来年の全国大会優勝。そしてパフォーマンスで東京五輪に何らかの形でかかわることができたら」とチームの今後の目標を話した。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

教育論文で最優秀賞

立野小

教育論文で最優秀賞 教育

若手教員の参加など評価

1月27日号

給食指導で文科大臣表彰

間門小

給食指導で文科大臣表彰 教育

教科横断的な学習が評価

1月27日号

還元額 予算の5%

飲食店利用促進事業「レシ活」

還元額 予算の5% 経済

利便性に課題か

1月20日号

風そよぐ絵馬 境内に

日ノ出町子神社

風そよぐ絵馬 境内に 文化

地域活性、美術作家が一役

1月20日号

着物の悩み プロが解決

着物の悩み プロが解決 文化

魅力伝える「相談処」開設

1月13日号

全国「はばたく」30選に

石川町のひらがな商店街

全国「はばたく」30選に 経済

市内からは唯一

1月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

馬の「モノ・コト」一堂に

馬の「モノ・コト」一堂に

27日から 赤レンガでイベント

1月27日~1月30日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook