中区・西区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

投票の後は本牧でお得に 「選挙割」4商店街に拡大

政治

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
参加店舗に掲示されるチラシを持つ本牧館の黒川社長
参加店舗に掲示されるチラシを持つ本牧館の黒川社長

 今年4月の統一地方選の際に新本牧の商店街が行った「選挙割」キャンペーン。7月21日に投開票される参議院議員選挙では、実施エリアが本牧の4商店街に拡大。地域活性化と投票率アップを目指す。

 今回参加する商店街は、前回主催した本牧通り商業活性化協会(HABAA)のほか、本牧リボンファンストリート商店会、本郷町商栄会、本牧通一丁目東商友会の4団体。企画に賛同した店舗約20店が参加するほか、山元町、麦田町の個店も有志で加わる。店舗で期間は異なるが、投票日の7月21日以降に、投票所でもらえる「投票証明書」を提示することで、値引きや一品サービスなどの特典を受けることができる。

 規模拡大となったきっかけは、今年からHABAAが山手地区商店街連合会に加入したこと。総会で4月に実施した選挙割キャンペーンを紹介した際、いくつかの店舗から「うちでも行いたい」という声が挙がり、実現に至った。

 このほか、商店街や町内会、コミュニティハウスなど第4地区南部の各団体で構成される横断組織「本牧4南元気なまち運営委員会」もキャンペーンを周知し、この取り組みに協力。地域全体で盛り上げる。

投票率向上の一助に

 3年前の2016年に実施された参議院選挙では、中区の投票率は51・81%と18区中17番目の低水準だった。

 HABAAの会長でパン販売の本牧館=本店・中区本牧間門=代表取締役の黒川芳宣さんは「4月のキャンペーンでは本牧館でも100人近い利用があり、用意した投票証明書をすべて配布しきったという投票所の話も聞いた。地域経済の活性化と投票率の向上に寄与できれば」と話した。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

万葉集を一般公開

地元書家高木三甫作

万葉集を一般公開 文化

伊勢山皇大神宮奉納前に

4月22日号

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜ファッションウィーク

シルクセンターなどで横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。

http://www.yokohamascarf.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter