中区・西区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

石川町1丁目 シェアキッチンが開業 創業意欲に応える場に

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
貸し出す「cotomono cafe&space」の店内。運営会社代表の飯田さん(写真左)
貸し出す「cotomono cafe&space」の店内。運営会社代表の飯田さん(写真左)

 時間単位でカフェを使用できる「シェアキッチン」が10月1日、中区石川町1丁目にオープンした。調理機器をそのまま利用できるため、創業意欲がある人や再チャレンジしたいという人にも適した場所となっている。

 店舗=石川町1の24の3=は、空き家の1階を改修したもの。2階には海外からの旅行者をターゲットとしたゲストハウスがある。店舗の広さは約29平方メートル。客席スペース(20席程度)が約17平方メートル、キッチン約12平方メートル。飲食店営業許可の施設準備を満たし、食品衛生管理責任者が設置されている。

 キッチンにはIHコンロや電子レンジ、冷凍庫、冷蔵ケース、製氷機、食洗機、ワインセラーなどがあり、また皿やグラスなども用意されている。

 利用時間は昼の部(午前8時〜午後4時)と夜の部(午後4時〜12時)の1日2コマがり、1コマから利用可能。単発利用は1コマ1万円、月4回以上利用する場合は1コマ5千円。別途、入会金1万円(いずれも税別)。料金には水道光熱費が含まれており、持ち込む飲料や食品以外の費用はかからない。在庫は都度、持ち帰るなどのルールがある。

コロナ禍の再挑戦にも

 この施設は石川町3丁目と同2丁目のカフェが共同でプロデュース。日ごろから交流のある隣接した商店街のメンバーがそれぞれ運営しており、知恵を出し合った形だ。

 今年3月に2階部分のゲストハウスをオープンさせたがコロナが直撃。当初、1階部分は宿泊者の共有スペースを想定していたものの、新たな活用法としてシェアキッチンにすることを決めた。

 同所を運営する(株)antenna石川町の社長で石川町3丁目のカフェ代表の飯田峰子さんは「コロナ禍で閉店を余儀なくされた飲食店オーナーにも活用して欲しい」と話していた。

 (問)【メール】infoctm@ctm-ishikawacho.net
 

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

「きょうだい児」の絵本出版

岡野の榮島さん

「きょうだい児」の絵本出版 社会

病気の人、支える存在に光

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

吉田さんがマイスターに

元町ダニエル

吉田さんがマイスターに 文化

椅子張りの高い技術評価

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

読書の秋に22イベント

中区

読書の秋に22イベント 文化

コロナ禍でも継続開催へ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook