神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中区・西区版 公開:2022年4月28日 エリアトップへ

医療用テープ 「医美アワード」で最優秀賞 平沼拠点の2人が制作

社会

公開:2022年4月28日

  • LINE
  • hatena
デザインを施した医療用テープ
デザインを施した医療用テープ

 西区平沼の女性専用コワーキングスペース「ブルーコンパス」の会員2人が協同し制作した医療用テープがこのほど、第7回の医美同源デザインアワードで、プロダクト部門最優秀賞を受賞した。2人はチューブなど医療機器を固定するために使われるテープに可愛らしいデザインを施し商品化。「患者の入院生活を豊かにする」と高く評価された。

 同アワードは、石川県の(一社)菊地誠22世紀医美支援事業団の主催。医療にアートの視点を取り入れ、患者の入院生活を豊かにする作品を評価するもの。今回は、国内外から85点の応募があり、9組が最終審査へ進出。公開審査を経て3つの部門別に最優秀賞が決定した。

 受賞したのは、Merry Care Shop代表の松下由希子さんが開発した「メリーケアテープ」。一般的に白や肌色が多い医療用テープに、動物や果物のデザインを施すことで「医療機器の周りを彩るテープ」にアップデートした。

 同テープは、松下さんが2018年に早産を経験したことを機に発案。鼻から栄養を送るチューブを装着するため、無機質なテープで大部分を覆われた子どもの顔を見て、「もっと可愛らしいテープがあれば」と商品化した。

 その後、松下さんは子どもだけでなく多世代が使えるデザインを模索。ブルーコンパスでデザイナーの岡田美奈子さんと出会い意気投合し、協同で制作を開始。現在は季節や行事に合わせたデザインも加わり、計14種類のテープを販売している。松下さんは「受賞を機により多くの人に知ってもらい、療養中の人やその家族の力になれれば」と話した。

 テープはオンラインショップ(https://merrycareshop.stores.jp/)などで購入できる。

開発者の松下さん(左)とデザイナーの岡田さん
開発者の松下さん(左)とデザイナーの岡田さん

中区・西区版のトップニュース最新6

動物園、図書館を改修

野毛山地区

動物園、図書館を改修

新たに障害児者支援拠点も

2月22日

移動支援バスが5周年

西区第3地区

移動支援バスが5周年

高齢者の“足”として活躍

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

店先でフードドライブ

西区久保町

店先でフードドライブ

生活困窮者支援を身近に

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

本牧「もくり」 が助成対象に

市まち普請事業

本牧「もくり」 が助成対象に

地域の居場所、改修進める

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月15日0:00更新

  • 12月21日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook