南区版 掲載号:2011年6月16日号
  • googleplus
  • LINE

学校で放射線測定 市立小中で開始

教育

日枝小のグラウンドで機器を使って測定された
日枝小のグラウンドで機器を使って測定された

 横浜市内の小中学校で6月13日から放射線量の測定が始まった。初日は、市が選定した各区1小学校、全18校で実施された。

 南区では日枝小学校が対象となり、午後2時から同校のグラウンド5か所で南消防署員が測定を開始。地上から50cm地点でのガンマ線量を1分ごとに5分間測定した。市では結果を測定の翌日にホームページで公表していくという。

 市は文部科学省が示す学校現場の目安である年間1ミリシーベルト以下を目標とし、1時間あたり1マイクロシーベルトを超えた場合は、対応を検討する。今後は、ほかの小中学校や認可保育園、公園でも同様の測定を行う。また、小学校の給食食材の放射能濃度も測定する予定だ。

 測定結果や今後の予定は市ホームページのトップページからリンクする形で公表される。(13日起稿)
 

南区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク