南区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

「蒔田の吉良」蘇る 中学生らが仮装行列

文化

赤穂浪士に扮した140人がまちを歩いた
赤穂浪士に扮した140人がまちを歩いた

 「忠臣蔵」で赤穂浪士に討たれる悪役として知られる江戸時代の大名、吉良上野介にゆかりのある蒔田地区で8月19日、「蒔田の吉良の時代行列」が行われた。蒔田連合町内会(水野嘉和会長)が主催したもの。

 吉良家は室町時代に分家したとされる。愛知県の本家は討ち入りをきっかけにお家断絶となったが、分家はその後も続いた。室町時代に世田谷から蒔田に移り住み、そこが蒔田城(現在の横浜英和女学院)となった。そばの勝国寺には、今も供養塔が残っている。

 蒔田に吉良の歴史があることを知ってもらおうと、蒔田町にある「旅館松島」の女将、島田紀子さんが中心になって2010年に初めて行列を実施。今回が2回目となった。

 蒔田小、日枝小、南太田小、蒔田中、共進中の各校長や蒔田中の生徒ら約140人が参加。吉良や赤穂浪士の格好をした生徒が地区内を歩いた。勝国寺初代住職である天永淋達大和尚に扮して歩いた蒔田小の木藤肇校長は「子どもが歴史に関心を持ってもらえれば」と話していた。
 

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク