南区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

南区内 基準地価 住宅地で上昇も 下落傾向に歯止め

社会

区内の商業地では最高価格の白妙町1丁目付近
区内の商業地では最高価格の白妙町1丁目付近

 県は9月20日、土地の価格の目安となる「基準値地価」を公表した。南区内では、昨年、すべての調査地点で価格が下落したが、今回は一部の地点で上昇するなど、下落傾向に歯止めがかかった。ただ、商業地の一部の地点では価格の下落が続いている。

 基準値地価は、土地1平方メートルあたりの取引価格を不動産鑑定士の評価などを踏まえ、客観的に示すもの。全国の基準となる住宅地や商業地で調査が行われており、今回発表されたものは、今年7月1日時点の地価。南区内では、住宅地10地点、商業地8地点、準工業地1地点の19地点で調査が行われた。

 昨年は、東日本大震災の影響を受けたこともあり、区内のすべての地点で価格が下落した。今回は19地点中、中島町3丁目と堀ノ内町1丁目の2つの住宅地で上昇。価格が変わらなかったのが7地点だった。

 一方、下落したのは10地点。最も下落率が大きかったのは、六ツ川2丁目の住宅地で1・2%減。昨年は最大3・2%減だったため、下落幅は小さくなった。

 3月に県が公表した大型地震による新たな津波被害予測で、南区も浸水の可能性があるとされ、関内方面から吉野町駅付近までは避難区域地区となった。不動産関係者の中には、地価にその影響が出るのではとの懸念があった。

 商業地で下落した白妙町1丁目や高砂町2丁目の地点は避難区域に含まれる。ただ、区域内の堀ノ内町1丁目の住宅地は0・5%上昇している。

 横浜の不動産事情に詳しい不動産鑑定士の高畠祐二さんは「津波が予想される鎌倉や横須賀の沿岸部では大きく下げたところもある。それに比べて南区を含む横浜市内の下落率は大きくなく、津波の地価への影響は少ないと思われる」と説明していた。
 

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

買い物困難者に食品販売

唐沢

買い物困難者に食品販売

2月15日号

部活休養日、週2以上へ

市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

働きやすい職場に「金賞」

井土ヶ谷下町向洋電機土木

働きやすい職場に「金賞」

2月8日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

緑保全「総量維持」に重点

空き店舗活用へNPO

南永田団地

空き店舗活用へNPO

2月1日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク