南区版 掲載号:2012年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

もう生命保険だけでは安心できない 予約優先 妻と自分のために遺言を学ぶ セミナー/個別の相談 定員25人 参加無料

 自分の土地や貯金を誰に継がせるか、真剣に考える時代がやってきた。相続争いは増加の一途。長年の景気低迷も影響し、誰もが遺産をあてにする。残される妻の生活や増税の問題も加わり、家族間での裁判もめずらしくないほどだ。

 家裁の統計では相続争いの74%が遺産額5000万以下の家庭で起きている。

 不動産が自宅だけで、現金が少ないほど揉めやすい。司法書士の市川氏は「生きていくには現金と住居が必要。現金を生命保険で確保する発想があるなら不動産は遺言でカバーすべき。しかし生命保険の加入率90%に比べ、遺言の作成率は4%。遺言も生命保険と同様に当り前の感覚で準備してほしい」と説く。

 そんな時局をふまえ、相続の疑問を解決する無料セミナーが11月24日と25日に開催される。講師の体験談や事例解説が好評で、参加者からは「妻の老後と独立した子供達が心配で参加しました。個別相談で我が家の相続対策を考えてもらい、これで一歩を踏み出せます」と満足の声が多い。

 無料の個別相談は税理士も参加し、相続税の相談も。予約先着順。当日参加できない方は電話相談も可。

司法書士法人 市川事務所

(横浜事務所) 横浜市西区高島2丁目12−6 崎陽軒ビル ヨコハマジャスト1号館7階

TEL:0120-08-0625
FAX:045-450-5947

http://www.ichi-jimu.com/

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版のピックアップ(PR)最新6件

永田東に6月オープン予定!!

認知症高齢者グループホーム「ちいさな手横浜みなみ」 27室募集

永田東に6月オープン予定!!

2月15日号

店舗情報モニターが好評

専門家が一堂に集う無料相談会

弁護士・税理士・司法書士

専門家が一堂に集う無料相談会

2月15日号

春告げる梅まつり

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

本紙記者も必要性を痛感

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

2月8日号

若年の自殺対策考える

県司法書士会

若年の自殺対策考える

2月8日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク