南区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

首都圏直下型地震、4年以内70%の試算も 耐震補強と家具の転倒防止で、被害の8割軽減も可能

▶直下型地震の被害の一例
▶直下型地震の被害の一例

 東大地震研究所では昨年9月、東日本大震災以降、首都圏でおこる誘発地震活動の影響を加味した地震発生の試算を発表。これは公式見解ではないとしながらも、M7クラスの地震発生率は4年以内で70%、30年以内では98%とした。同研究所HPの広報ページでは「首都圏直下型地震が起きるということや、それが切迫しているということは、以前から政府をはじめ多くの研究者が指摘しているとおりです。今がそのときと思って備えてください」としている。さらに、直下型地震である阪神・淡路大震災の場合は、家屋の倒壊や家具の転倒による死者が8割を占めたこと、逆に言えば、耐震補強と家具の転倒防止で被害を軽減できる、とも指摘している。

備えあれば憂いなし

 今年発売されたアップルホームの新商品『耐震用安全ボックス(特許出願中)』は木造建物内の一部屋に鉄骨製のボックスを構築、見た目は普通の部屋と変わらない「シェルター」をつくるというもの。既存の建物を利用するので工期も約1週間と短期間。価格は4畳半タイプ98・8万円〜と経済的。資料請求は同社まで。
 

㈱アップルホーム

横浜市都筑区荏田東4-5-4

TEL:0120-18-5963

http://www.apples-home.co.jp

光のぷろむなぁどの写真募集

光のぷろむなぁどに関する写真を募集しています。

http://www.yoshinoplaza.jp/2018/01/post-116.html

<PR>

南区版のピックアップ(PR)最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、 家族葬プラン45万円

http://daviusliving.jp/hall/gumyouji/

コミュニティスタッフ募集

受付事務や案内など40~60代男女が活躍中

http://nagata-cc.com/

<PR>

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

元気な活動を紹介

元気な活動を紹介

地域事例、23日に発表会

2月23日~2月23日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク