南区版 掲載号:2013年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市長選挙 林文子氏、圧勝で再選 投票率は過去最低

政治

事務所内で関係者からの花束を手に謝意を述べる林氏
事務所内で関係者からの花束を手に謝意を述べる林氏
 任期満了に伴う横浜市長選挙が8月25日に行われ、無所属で現職の林文子氏(67)=自民・公明・民主推薦=が69万4360票を得て再選を果たした。投票率は29・05%で過去最低。林氏は9月10日の市会本会議で所信表明を行う予定だ。

 林氏はいずれも新人で無所属の元市議の柴田豊勝氏(66)=共産推薦=、会社役員の矢野未来歩(みきふみ)氏(38)を破って再選。市内全区で次点の柴田氏を上回り、約56万票の差を付け、現職の強さを見せた。南区での得票数は約3万7千票で得票率は8割を超えた。

 林氏は「待機児童数ゼロ」など、市長としての4年間の実績を強調する一方、新たなまちづくり戦略の策定や防災・減災都市の実現など「市民のくらし満足度ナンバー1」を目指す10項目の政策を掲げ、支持を訴えた。新市庁舎の基本構想に対しては、「北仲通南地区での整備案が最適」とし、関内・関外地区全体の活性化やブランド力の向上につなげたいとしていた。当確後「今までやってきたことをより進化させ、既成概念を捨てた新しい都市経営を進めたい」とあいさつした。

 敗れた柴田氏は中学校給食の実施や新市庁舎建設の見直し、小学6年生までの医療費無料化などを訴えたが及ばなかった。街頭演説を行わず、ブログやツイッターなどのインターネットで選挙運動を行った矢野氏は支持層を広げることができなかった。

争点ぼやけ、関心薄く

 有力政党が相乗りで林氏支持に回ったことや、際立った争点が明確化しなかったことなどにより、投票率は低迷し、過去最低の29・05%だった。前回の2009年は衆院選と同日実施で68・76%、単独選挙だった06年は35・30%だった。これまでの市長選の最低投票率は1994年の32・37%で、今回はこれを3・32ポイント下回った。

 南区の投票率は市全体を下回る28・28%で市内18区中13番目。単独実施の06年よりも6・25ポイント低かった。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のトップニュース最新6件

「はれのひ」被害者へ歌う

南区出身・声優松本梨香さん

「はれのひ」被害者へ歌う

3月29日号

空き家活用へ窓口設置

井土ヶ谷太陽住建

空き家活用へ窓口設置

3月29日号

徘徊者をGPSで捜す

六ツ川地区

徘徊者をGPSで捜す

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月22日号

太鼓響かせ被災地支援

中国人から料理学ぶ

中村小

中国人から料理学ぶ

3月15日号

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク