南区版 掲載号:2013年9月19日号
  • googleplus
  • LINE

実践的な防災対策学ぶ 講演会に350人

社会

会場に集まった多くの参加者
会場に集まった多くの参加者
 9月9日の「救急の日」に合わせ、9月10日、南公会堂で「南区防災講演会」が開催された。講師にテレビ、ラジオなどに多数出演している、防災システム研究所所長の山村武彦氏を迎え、実践的な防災対策の方法を学んだ。

 山村氏は、いざという時にどうすれば良いか、さまざまな事例を挙げ紹介。阪神・淡路大震災では、家屋倒壊による死者が多かったと解説し、周囲に助けを求める「命の笛」を紹介すると、一般的なホイッスルとの音の大きさの違いに、参加者から驚きの声が上がった。

 山村氏は「生き残った後の備えではなく、生き残るためのマニュアルを日ごろから確認しておきましょう。非常食は生き残ってこそ意味がある。まず生き残らないと」と訴えた。

 区総務課によると、講演会には昨年よりも多い約350人が参加。同課の柴田尚正さんは「区民の防災に対する関心が継続していると実感した」と話している。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

南区版のローカルニュース最新6件

南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビブリオバトル体験

ビブリオバトル体験

永田地区センター 本紹介で交流

4月8日~4月8日

南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク